借金一本化で返済おまとめローン【メリット・デメリットと審査対策】

メリット・デメリットと審査対策

 借金一本化で返済おまとめローン

借金一本化できるおまとめローンランキング

おまとめローンの審査甘い?パート・アルバイトも利用できるの?

銀行や消費者金融等の個人向けのカードローンは、無担保で審査に申し込める商品です。

担保を準備しなくてはならない商品よりも金利が高く設定されていますが、パートやアルバイトの人でも申し込むことができます

ほとんどの場合、20歳以上で安定した収入がある人というのが申し込み条件とされているので、フリーターでも利用する事が可能です。

カードローンはその便利さから、現在では1000万人以上の人が利用しています。一人で複数の業者から利用している人も少なくはありません。

おまとめローンとは、そうした複数の業者のカードローンを利用している人に向けられた商品です。

おまとめとは借金をまとめるという意味であり、複数の借り入れを一本化するという事です。負債を一本化する事により返済が楽になるので、負担を減らしたい人に向いている内容です。

おまとめローンは、銀行や消費者金融等の様々な業者が用意しています。融資枠が大きく金利が低くなるというのが一般的な特徴です。

東京スター銀行のおまとめローンのように他の業者のカードローンを返済する事に特化した商品もあります。
借金が大きくなると不安も大きくなってきますが、間違っても闇金などに手を出さず、契約書の内容をよく理解した上での申し込む事が必要です。


借金を減らす方法としては、おまとめローンのほかに債務整理(任意整理)などもあります。債務整理した場合は、今後借り入れが5年間できなくなりますので、できればおまとめローンで完済するほうがおすすめです。


◇債務整理をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン!?それとも債務整理!?カードローンを清算するためにどっちを選ぶ?

クレジットカードのリボ払いもおまとめ一本化

クレジットカードのリボ払いの欠点

クレジットカードがポイント制度などで普及し、利用者が増えるにつれ、リボ払いでの支払に頼る人が多くなりました。

しかし、リボ払いは返済額が少額で済みますが、返済しなかった残高には年15%程度の利率がかかり、残高が一向に減らないという デメリットがあります。今回はまず、リボ払いの簡単な仕組みから、解説していきます。


例えば、1ヶ月の支払額が100万円になってしまったとしましょう。ここで「元金定額リボルビング払い」を選択したとします。

この方式は元金10万円+残った残高90万円に対する利息11,250円を合わせた、合計111,250円の支払いで済むというものです。

しかし、来月に20万円の利用をした場合、残高は先月の90万円を加えた110万円となり、ここから元金10万円と利息を合わせて、 来月の支払額は112,500円と増加し、残高も100万円に増加してしまいます。従って、カードを利用しながらリボ払いをしている限りは元金がゼロになることはなく、カードを利用しなくても、リボ払いだけで元金をゼロにするには、かなりの年月がかかります
(なお、支払額が一定の方式を「元利定額リボルビング払い」と言い、大抵は両者から選択します)



銀行カードローンに借り換え一本化するメリット

上記のリボ払いに問題があるとすれば、利率が高いということです。返済後の残高に年15%程度の利率が毎回かかっていては、 元金が減る余地がありません。

そこで、最近注目されているのが、銀行などが発行するカードローンです。


銀行カードローンの特徴は、最大借入額が1000万円あったり、借入額が大きくなればなるほど利率が低くなるという仕組みを採用していることです。

複数のリボ払いを1つの銀行カードローンにまとめることができれば、返済を1本化出来るだけでなく、利率も低いので元金も減らしやすいというメリットがあります。


なお、銀行のカードローンの返済方法は残高スライド方式に一本化されています。これは、残高が多いほど1回辺りの返済額が増え、残高が減っていくと、返済額も減少するというものです。上記のリボ払いと比較すると、残高が多い場合、返済額が大きくなりますが、借金を減らしていくためには合理的な仕組みといえます。


◇返済・利息計算をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 消費者金融の借入をおまとめローンで一本化すると返済額を減らせるってホント?!
おすすめ記事 おまとめローンは繰り上げ返済可能なの?利息の計算はどうなるの?
おすすめ記事 おまとめローンは返済計画が大切

借金一本化と債務整理のメリット・デメリット

債務整理とは(過払い金返還請求とは)

借金一本化、おまとめローンを利用しようと考えている時に、あらかじめ整理しておいて頂きたいのが債務整理(以下、過払い金返還請求)の問題です。
特に2010年6月18日に利息制限法が改正される前に、貸金業者などから借り入れをしていた方は、過払い金返還請求で借金が減らせる可能性があります。
利息制限法が改正される前は、出資法で貸し出しが行われ、その上限利率は29.2%でした。

しかし、改正後は出資法が20%に引き下げられると同時に、利息制限法により、元本10万円未満は利率20%、10~100万円未満は利率18%、100万円以上は利率15%と定められ、出資法との差額は行政処分の対象となりました。
また、借入者が任意に支払った返済を「みなし弁済」と言いますが、最高裁判所で2006年1月「みなし弁済」の無効が言い渡され、過払い金返還請求が一気に増加しました。

最高裁判所の判断で、基本的に過払い金返還請求が認められる流れになったことから、弁護士や司法書士事務所の参入競争が激化し、非常に高額な報酬を要求する事務所もあるので注意が必要です。
極端な例ですが、過払い金で返還された金額よりも報酬の方が高く、逆に不足分を請求された事例などもあります。

なお、過払い金返還請求は完済してから、10年で時効にかかります。2010年に利息制限法が改正されたことを考えると、2020年頃に時効が完成する恐れがあります。
思い当たる方は、早めに相談に行くようにして下さい。

参考:金融庁貸金業法のキホン


◇過払い金をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン一本化より過払い金相談が先!順番を間違えると損をしてしまう事も

借金一本化と債務整理、どちらを選ぶべき?

過払い金返還請求が出来ない方は、おまとめローンを利用するとして、過払い金返還請求が出来る方は現在の残債と比較して、慎重な対応が必要です。

過払い金返還請求は確かに有利なのですが、信頼できる弁護士や司法書士がいるのか、時間がかかるけれどもその覚悟は出来ているのかなど、まだまだ高いハードルがあるのが現実です。

しかし、利息制限法が改正される前に、消費者金融から多額の借り入れがあった方は、返還される金額も多いでしょうから、信頼できる弁護士や司法書士を探して下さい。債務整理費用比較ガイド

また、おまとめローンと称して、個人から個人的に金銭を借りるのは絶対に避けましょう。裏に、闇金や暴力団関係者が関与している可能性もあり、一生返せない金銭になってしまいます。

以上をまとめますと、債務整理のメリットとしては返済しなくても金銭が戻る可能性がある、デメリットとしては時間がかかり、借入額が小さいと費用倒れに終わる可能性がある点です。
ご自身の現在の状況をしっかり把握して、行動して下さい。

借金一本化の審査過程と審査に通らなかったときの対処法

おまとめローン一本化の審査

おまとめローンをいざ申し込んでも、審査で落とされてしまっては元も子もありません。

ここでは、おまとめローンで重視する過程を中心に、審査過程について解説していきたいと思います。

金融機関に借り入れ申込があった場合、金融機関は必ず個人信用情報機関に照会を行います。

これをFINE(貸金業法における指定信用情報機関制度)及びCRIN(他の信用情報機関との提携に基づく情報交流)制度と言います。
具体的には、
全国銀行個人信用情報センターで金融機関の借り入れ状況を、
株式会社シー・アイ・シー(CIC)でクレジットカード会社の借り入れ状況を、
株式会社日本信用情報機構(JICC)で貸金業者での借り入れ状況を確認します。

個人的な資金使途に利用するおまとめローンは、この情報を最大限尊重すると考えられ、ここで破産や延滞などの事故情報があると、おまとめローンの借り入れは残念ながら拒絶させるものと考えられます。

これらの事故情報の掲載期間は、事故の程度により各社様々ですが、破産などの悪質な情報は消えず、延滞などの情報は1~5年程度は消えないと言われています。
そして、他の借り入れ状況などや勤務先、勤続年数、持家かどうかなどを勘案しながら、満額か減額かを判断し、借入限度額が決まります。


◇個人信用情報機関をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン一本化で申込みブラックになるのは何社から?契約はできないの?

審査に通らなかったときの対処法

では不幸にも、審査に通らなかったときは、どう対処すればよいのでしょうか。

1番確実な方法は、各個人信用情報機関に開示請求する方法です。
ただし少し面倒なのは、どの個人信用情報機関で引っかかったのかわからないため、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の全てに開示請求しなければ、全容がわからないという点です。
ただ個人的に、貸金業者で延滞があったという記憶がある方は、株式会社日本信用情報機構(JICC)から優先的に開示請求するなど、効率的に自分の事故情報を探す方法はあります。

開示請求の方法は、各個人信用情報機関ごとに違いがあり、全国銀行個人信用情報センターでは郵送のみ、株式会社シー・アイ・シー(CIC)ではパソコン、スマートフォン、携帯電話、郵送、窓口で、株式会社日本信用情報機構(JICC)ではスマートフォン、郵送、窓口で受け付けており、手数料は1,000円前後の所が多いようです。
なお、郵送以外はその場で情報がわかります。

それでは、開示請求でどのような情報がわかるのでしょうか。
まず、氏名や生年月日、電話番号などの個人を特定する情報がわかります。
次に、クレジットやローンなどの個人の取引に関する情報、例えば利用金額、残高などがわかります。
最後に、取引から発生する情報、例えば支払遅延や法的手続きの有無がわかります。
審査が通らなかった方は特にここの情報を精査し、どの程度の期間で情報が消えるのかなどを、各個人信用情報機関に確認するようにして下さい。

なお、最近多いのが割賦で購入した携帯本体の延滞で、ローンが通らなくなる事例です。
この原因は、携帯ショップでの説明不足が大きいと感じていますが、個人信用情報登録期間への登録に同意している以上、説明不足という抗弁は通りません。

カード引き落としで、カードに問題がなければ普通に引き落とされますが、多いのは請求書払いです。
コンビニなどに払いに行くのが遅れ、結果クレジットカードを管轄する、株式会社シー・アイ・シー(CIC)に登録されてしまったという事例です。
最悪の場合、5年程度延滞の記録が残りますので、充分注意しましょう。


◇審査をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要
おすすめ記事 審査に落ちた!おまとめローンに通らない原因と再チャレンジ対策
おすすめ記事 おまとめローン審査に勤続年数はどう影響するの?何年あれば審査に通るの?
おすすめ記事 おまとめローン審査通過のポイントとは?限度額・延滞に注目!

銀行カードローンと貸金業者、どちらで借金一本化するのがお得?

貸金業法に基づくおまとめローンとは

借金一本化する場合、当サイトでは基本的に銀行カードローンをおすすめしています。
しかし、貸金業界も銀行勢のカードローン攻勢を、黙って見ている訳ではありません。
貸金業者が今力を入れている商品が、「貸金業法に基づくおまとめローン」です。
普通のローンと何が違うのでしょうか。

これは貸金業法が規定する「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当させるおまとめローンなのです。
また、あくまで今までのローンを返済するための商品であるため、新規の借り入れは出来ず、返済に特化した商品です。

これで、利率も低ければ順調に元本が減りそうですが、貸金業界は貸し倒れ率が高いため、利率を下げるのが難しく、この商品も利率は15%となっています。
実際に、他社からのおまとめで、返済額がどの程度減るかの事例がありますが、他社も15~20%の利率のため、返済額の軽減効果は小さいと言わざるを得ないでしょう。

さらに、借入限度額でも、アイフルの「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」が500万円、セゾンファンデックスの「生活支援ローン(計画完済コース)」も500万円、プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」が300万円、アコムの「借換え専用ローン」も300万円となっており、この辺りの借入限度額でも少し厳しいかなという印象です。
この商品は、銀行カードローンの審査でダメだった人が、本気で借金をなくしたいという場合に向いていると言えます。
一方で、銀行のカードローンは新規の借り入れも出来て、借入限度額も大きく、利率も低いため、借金一本化の優位性では銀行のカードローンに分がありそうです。


◇銀行カードローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 銀行カードローンをおまとめローンとして利用するメリットとデメリット

トータルで考えると、銀行のカードローンが最有力候補に

今まで、様々な事例をご紹介しながら、対応策をご紹介してきました。
人それぞれ、置かれている立場が違うため、最も良い選択肢も人それぞれだと思います。
しかし、法改正がここまで厳しくなると、貸金業者の使い勝手が悪くなったと感じる人が多いのではないでしょうか。
このように考えますと、銀行カードローンの限度額の大きさや利率の低さの優位性が、際立ちます。
借金一本化、おまとめローンには、まずは銀行カードローンを検討してみることをおすすめします。

銀行のカードローンにも特徴があり、自分に合った1枚を

銀行のカードローンにも多種多様な商品がありますが、どの商品が借金一本化に適しているのでしょうか。

この記事の執筆

沼田 順
金融機関出身の1級FP技能士。住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)勤務時代に融資・債権管理を担当し、住宅ローンに関する様々な相談に対応してきました。






同じカテゴリーの最新の記事