借金一本化で返済おまとめローンランキング【メリットや審査内容は?】

メリットや審査内容は?

おまとめローンの審査!主婦も利用できるの!?

銀行や消費者金融等の個人向けのカードローンは、無担保で審査に申し込める商品です。

担保を準備しなくてはならない商品よりも金利が高く設定されていますが、柔軟な対応が期待できます。

柔軟な対応とは、主婦をはじめ、パートやアルバイトの人でも利用できる可能性があるという事です。

20歳以上で安定した収入がある人というのが申し込み条件とされているので、フリーターでも利用する事が可能です。

魅力的な商品設定が行われている事から、現在では1000万人以上の人が利用するという状況にある事が報告されています。一人で複数の業者から利用している人も少なくはありません。

おまとめローンとは、複数の業者のカードローンを利用している人に向けられた商品です。

おまとめとは借金をまとめるという意味であり、一本化するという事です。一本化する事により返済が楽になるので、負担を減らしたい人に向いている内容です。

おまとめローンは、銀行や消費者金融等の様々な業者が用意しています。融資枠が大きく金利が低いというのが一般的な特徴です。

他の業者のカードローンを返済する事に特化した商品であり、自由に利用できるというものではありません。商品内容をよく理解した上での申し込む事が求められます。


クレジットカードのリボ払いもおまとめ一本化

クレジットカードのリボ払いの欠点

クレジットカードがポイント制度などで普及し、利用者が増えるにつれ、リボ払いでの支払に頼る人が多くなりました。

しかし、リボ払いは返済額が少額で済みますが、返済しなかった残高には年15%程度の利率がかかり、残高が一向に減らないという デメリットがあります。今回はまず、リボ払いの簡単な仕組みから、解説していきます。


例えば、1ヶ月の支払額が100万円になってしまったとしましょう。ここで「元金定額リボルビング払い」を選択したとします。

この方式は元金10万円+残った残高90万円に対する利息11,250円を合わせた、合計111,250円の支払いで済むというものです。

しかし、来月に20万円の利用をした場合、残高は先月の90万円を加えた110万円となり、ここから元金10万円と利息を合わせて、 来月の支払額は112,500円と増加し、残高も100万円に増加してしまいます。従って、カードを利用しながらリボ払いをしている限りは元金がゼロになることはなく、カードを利用しなくても、リボ払いだけで元金をゼロにするには、かなりの年月がかかります
(なお、支払額が一定の方式を「元利定額リボルビング払い」と言い、大抵は両者から選択します)



銀行カードローンに借り換え一本化するメリット

上記のリボ払いに問題があるとすれば、利率が高いということです。返済後の残高に年15%程度の利率が毎回かかっていては、 元金が減る余地がありません。

そこで、最近注目されているのが、銀行などが発行するカードローンです。


銀行カードローンの特徴は、最大借入額が1000万円あったり、借入額が大きくなればなるほど利率が低くなるという仕組みを採用していることです。

複数のリボ払いを1つの銀行カードローンにまとめることができれば、返済を1本化出来るだけでなく、利率も低いので元金も減らしやすいというメリットがあります。


なお、銀行のカードローンの返済方法は残高スライド方式に一本化されています。これは、残高が多いほど1回辺りの返済額が増え、残高が減っていくと、返済額も減少するというものです。上記のリボ払いと比較すると、残高が多い場合、返済額が大きくなりますが、借金を減らしていくためには合理的な仕組みといえます。

この記事の執筆

沼田 順
金融機関出身の1級FP技能士。住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)勤務時代に融資・債権管理を担当し、住宅ローンに関する様々な相談に対応してきました。




前の記事