おまとめローン!?それとも債務整理!?カードローンを清算するためにどっちを選ぶ? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローン!?それとも債務整理!?カードローンを清算するためにどっちを選ぶ?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などから、日々の生活資金や何らかの目的を達成するためにカードローンを利用してお金を借り入れている人は、多いと思われます。

カードローン利用者の中には、返済することができないために新たな借り入れを行い、それを返済に充てるという自転車操業、多重債務に陥っている人も少なからずおられるようです。

このように苦しんでいる人が助かる方法として、おまとめローンや債務整理がありますが、実際にはどちらがオススメなのでしょうか。

それぞれの特徴、メリット・デメリットをご紹介致します。

 

おまとめローンとは?!

総量規制を気にしなくてOK

まずおまとめローンですが、複数社からの借り入れを1つの金融機関にまとめるためのローンです。

このおまとめローンのメリットは、2つあります。

1つは、借り入れ全体に対する金利を引き下げることで、利息を減らして総支払額を減らすことです。

もう1つは、月に複数回ある返済日を1日にすることで、精神的・身体的負担を減らすことです。

一方、おまとめローンにはデメリットもあります。

金利の引き下げばかり気にして返済期間を考慮しなかった場合、結果的に総支払額が減少していない/増えているということもありますので、きちんとした返済シミュレーションを行うことで、このデメリットを回避することが可能となります。

 

おまとめローンは、銀行や消費者金融といった多くの金融機関から提供されています。

しかし、おまとめ専用のローンはそれほど多くありません。

ほとんどの金融機関では、おまとめ専用のローンはなく、通常のカードローンをおまとめローンとして利用することとなります。

実際に使用目的を見てみますと、「使用目的:自由(事業資金目的を除く)」と記載されていますので、おまとめローンとして利用することが可能です。

金融機関によっては、おまとめローン専用カードローンと使用目的自由のカードローンがありますが、おまとめローン専用カードローンの方が金利は低く設定されていることが多いようです。

 

 



おまとめローン契約って簡単?!しかし、そう簡単にすべておまとめできるわけではない!?

おまとめローンのテレビコマーシャルと聞いてイメージするのは、東京スター銀行のものだと思います。

テレビコマーシャルだけを見ていると、誰でも簡単におまとめローンの契約ができそうな気がしますが、実は東京スター銀行のおまとめローン審査は厳しいと言われています。

これは東京スター銀行だけが特別厳しいというものではありません。

複数社からの借り入れがある利用希望者がカードローンの利用を申し込んだ場合、どの金融機関でも慎重に審査が行われています。

その理由は非常にシンプルです。

複数社からの借り入れがある、つまり多重債務者の場合、他社から借り入れのない利用者と比較すると、元金をすべて返済してもらえる可能性が低いためです。

 

 

初めておまとめローンを利用される方に多いのですが、一度にすべての借金をまとめることは難しいと考えてください。

もちろん、総額100万円程度であれば、1回ですべてまとめることが可能な場合もありますし、年収額によっても異なってきます。

しかし、例えば300万円や500万円以上をおまとめしたい場合、1回でおまとめすることはできないと考えてください。

その理由は、返済してもらえるという信頼がない、つまり利用者に実績がないためです。

利用者に関して、どれだけ背景がきれい(問題がない)でも、返済実績がないにもかかわらず、大金を融資するということは、大きなリスクです。

友人や知人同士でお金の貸し借りをする場合は、あくまでも友人・知人という信頼があるため、大金の貸し借りを行いますが、金融機関と利用者は友人・知人ではありませんので、実績がない限り大金の貸し借りは難しいです。


◇おまとめローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要

おまとめローンで返済するための方法とは!?段階的に増額を申し出ましょう!!

300万円や500万円といった借金を、1度におまとめすることは難しいことを紹介させていただきました。

では、どのようにすればすべておまとめすることができるのかご紹介したいと思います。

それは、少しずつおまとめすることです。

例えば、A社200万円、B社100万円、C社50万円、D社50万円、総額400万円の借り入れがあるとします。

この場合、一度にすべておまとめすることは難しいです。

したがって、C社とD社の合計100万円をおまとめすることを申請しましょう。

そのおまとめした100万円に対して、滞ることなくきっちりと返済して、実績(信用)を作りましょう。

実績(信用)ができれば、増額申請をすることができます。

増額申請ができるタイミングは、金融機関によって異なりますが、6ヵ月や1年の返済実績があれば可能という金融機関が多いです。

増額申請が無事に承認されれば、B社の100万円、増額後の利用限度額によってはA社の借り入れもまとめることが可能になります。

いずれにしても、すぐにすべてまとめることはできませんので、実績(信用)を作って、コツコツ返済することが重要ということがおわかりいただけたかと思います。

 

 

おまとめローン中だがお金に困った!!新たな借り入れは可能なのか!?

たとえ、おまとめローンで返済する利息が減ったといっても、生活が苦しいことに変わりはないと思います。

そんなときに考えることは、新たにキャッシングやカードローンを契約してお金を借り入れることですが、そんなことは可能なのでしょうか。

可能か否かだけで回答するならば、可能です。

なぜなら、新たに契約する金融機関から見ると、利用者がおまとめローンを利用していても、利用していなくても関係ありません。

その金融機関による審査を通過、つまりお金を融資しても返済されると判定されれば利用することは可能です。

なお、その金融機関は、利用希望者がおまとめローンを利用しているという事実を、個人信用情報より知ることが可能です。

 

しかし、おまとめローン中の新たな借り入れは要注意です。利用しないことをオススメします。

その理由は以下の通りです

おまとめローンは、何とかして借金を減らしたいと考えている利用者に対して、金融機関が好意により協力しているものです。

その最中に新たに借金をするという行為は、裏切り行為ではないでしょうか。信頼を失う行為です。

信頼を失うと何が行われるか想像してみてください。

最も厳しい行為としては、今まで貸し出したお金の一括返済を求められることがあります。


◇おまとめローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン一本化を利用中に再借り入れをしても大丈夫?契約違反になるの?

債務整理とは!?基本的に返済が楽になります!!

債務整理とは、債務=借金を、整理=縮小/清算することです。

債務整理の方法は3種類あり、任意整理・個人再生・自己破産です。

基本的な知識として、いずれの方法も個人で対応することは可能となっています。

しかし、法律の知識が必要であること、個人再生と自己破産の場合は裁判所に申請(申立)する必要があることから、実際は司法書士や弁護士に依頼して、手続きを行うことが一般的です。

ただし、司法書士の場合、代理人として認められていないため個人再生と自己破産時の「審尋」に同席することができず、任意整理においても債権額が140万円以下の場合にしか対応することができません。

 

 

債務整理を行うと、返済が楽になりますので、詳細を確認してみましょう。

任意整理を行う(債権者が合意する)と、将来に渡って支払う予定の利息が免除されます。

つまり、利息を支払わず元金だけを返済することでよくなります。

個人再生が裁判所より許可されると、借金の総額(一部除外があります)が5分の1に減額されます。

ただし、減額後3年以内にすべて完済する必要があり、完済できないとその減額自体が取り消しとされてしまいます。

自己破産が裁判所より許可されると、すべての借金(一部除外があります)が帳消しになります。

 

 

債務整理後にはどんなことが待っている!?個人信用情報機関に登録されてしまいます!!

債務整理を行うと、将来支払うべき利息がなくなる、借金の総額が減額/帳消しになるというように非常に楽になりますが、その反面リスクもあります。

それは個人信用情報機関に債務整理の情報が登録されるということです。

2016年11月22日現在、日本には以下3つの個人信用情報機関があります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行であればKSC、消費者金融やクレジットカード会社であればJICCやCICにその情報を登録しています。

また、債務整理情報が登録される期間ですが、個人信用情報機関ごとによって異なります。

  任意整理 個人再生 自己破産
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 登録なし 登録なし
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年 10年 代位返済で5年

登録される期間は5年や10年ですが、登録された時点から登録期間がスタートします。

例えば、任意整理の場合、その事実を登録するのは債権者になり、いつ登録するかは債権者によります。

任意整理に応じた時点で登録する場合もあれば、債権が完済された時点で登録する場合もあります。

個人再生の場合は、3年以内の完済した時点で、登録されます。

自己破産の場合は、裁判所から許可が下りた時点で登録されます。

 

債務整理が個人信用情報機関に登録される!?どんな不都合があるのか??

債務整理の情報が個人信用情報に登録されると、いろいろな不都合があります。

個人信用情報が登録されている間は、新たにカードローンやキャッシングでお金を借り入れることはできませんし、新たにクレジットカードを作成することもできません。

また、債務整理前に作成したクレジットカードに関しても、そのクレジットカード会社が債務整理の情報を入手した時点でクレジットカードが解約されてしまいます。

したがって、金融機関からお金を借りる手段がすべてなくなると考えてください。

個人信用情報機関に情報が登録される期間は、個人信用情報機関ごとに異なります。

例えば5年経過すれば、債務整理の情報はCICやJICCからは削除されるため、クレジットカード会社や消費者金融であれば、新規の借り入れが可能と思いがちですが、実は違います。

個人信用情報機関はそれぞれ情報を共有しているそうです。

CICやJICCから情報が削除されていたとしても、KSCに情報が記載されていれば、その情報を消費者金融やクレジットカード会社がキャッチすることは可能ということです。

ただし、そのような情報を得たからといって、消費者金融やクレジットカード会社が絶対に新規契約を認めないということではありません。

個人信用情報はあくまでも利用者の与信判断をする際の材料に過ぎません。

 

カードローンを清算するなら?!おまとめローン!!

カードローンを清算するなら、おまとめローンを強くオススメします。

おまとめローン、債務整理のどちらの方法で清算するとしても、メリットとデメリットはあります。

それぞれ事情が異なりますので、一概にはいえないですが、メリット/デメリットよりも精神的部分で考えることが重要だと思われます。

債務整理の場合、債権者の温情や裁判所の許可により、債務者は特に負担を被ることなく、返済を軽減/減額/免除されます。(特に苦労することなく、返済が楽になった)

一方おまとめローンの場合、債務者自身ですべて完済する必要があり、債務整理のような優遇はありません。(利息は減るものの、返済自体の負担はそれほど代わりがない)

しかし、完済した際には、その事実は自信になり、同じような過ちを繰り返さないという強い意志になります。

もちろん、致し方ない事情で債務整理を選択することもありますが、もし可能ならばおまとめローンで返済することを強くオススメします。







同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン