おまとめローンとフリーキャッシングの違いとは?徹底解説をしていきます! - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローンとフリーキャッシングの違いとは?徹底解説をしていきます!

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

キャッシング商品を取り扱っている金融機関の多くでは、最近では複数の金融商品を取り扱うようになっており、カードローンを中心に、フリーキャッシングやおまとめローン等の取り扱いが近年急速に増加しています。

多くの消費者金融で取り扱いがある、おまとめローンとフリーキャッシングですが、これら2つのローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれのローンの商品特性の違いや、適した使い方等について、詳しく解説を行っていくとともに、代表的な商品にはどのようなものがあるのか等について、紹介を行っていきます。

 

 

おまとめローンとフリーキャッシングのそれぞれの違いと特徴って?

目隠し

 

まずは、おまとめローンとフリーキャッシングにおける商品特徴や違いなどについて、紹介を行っていきます。

 

・おまとめローン

自社のローン残高や他社のローン残高などの複数のローンの一本化に利用できる、借り換え専用のローンのことをいいます。

借りたお金の使いみちはローンの借換えのみに利用でき、最初にローンの総利用残高に相当するお金を一括して借入、その後はひたすら返済をしていく、という性質のローン商品となっています。

ローン商品によっては、契約後にローンの借入先に利用者の名義で金融機関が直接振込をしてくれるケースも有ります。

 

 

・フリーキャッシング

借りたお金の使いみちが原則自由となっている、利便性の高いローンのことをいいます。

おまとめローンが、借りたお金の使いみちが、他のローンの返済に充てる以外に認められていない一方で、フリーキャッシングは事業性資金を除き基本的に自由とされています。

フリーキャッシングをおまとめローンとして利用してももちろんOKですし、自動車ローンやトラベルローンとしての利用、生活資金としての利用ももちろん可とされているのです。

 

借りたお金の使いみちが自由なローンとしてはフリーキャッシングの他にカードローンもあります。

フリーキャッシングは必要なお金を最初に一括して借り、その後はひたすら返済をしていく、というスタイルなのに対し、カードローンは契約時に定めた利用限度額の範囲以内で自由に借入と返済が出来る、という違いがあります。

カードローンの方が利便性に優れていると考えられる一方で、カードローンよりもフリーキャッシングの方が低金利であるケースが多いので、利便性を優先するのか、金利を優先するのかをよく考えて、より自分に適した方のローンを選ぶと良いでしょう。

 

 

それぞれのローンの代表的な商品って?

握手する女性

 

おまとめローンとフリーキャッシングの違いについての解説が済んだところで、次はそれぞれのローンの代表的な商品を挙げて、それぞれの貸付条件の違いなどについて、より詳しく解説を行っていきます。

 

おまとめローンやフリーキャッシングは多くの消費者金融会社で取り扱いがありますが、両方の商品の取扱を行っている大手消費者金融がプロミスとなります。

プロミスが取り扱う、「貸金業法に基づくおまとめローン」(おまとめローン)と「目的ローン」(フリーキャッシング)について詳しくみていきましょう。

 

・プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」

同ローンの契約極度額は300万円まで、実質年率は6.3%から17.8%(2017年1月10日現在)とされています。

上限金利は一般的な消費者金融会社が取り扱うキャッシングの上限金利である年18.0%よりも低い年17.8%となっているので、同ローンへ借り換えを行うことで、利息が節約できる可能性は高いと考えられます。

申込要件については同社が取り扱うカードローン商品であるフリーキャッシングと同条件となっています。

 

・プロミスの「目的ローン」

同ローンの契約極度額は300万円まで、実質年率は6.3%から16.5%(2017年1月10日現在)となっています。

名称が『目的』ローンであるため、借りたお金の使いみちが限られているのではないか、と感じてしまう人もいるかもしれませんが、プロミスの目的ローンは借りたお金の使いみちは自由となっていますし、契約時に資金使途証明書類を提出する必要もない、れっきとしたフリーキャッシングとなっています。

同社のカードローンであるフリーキャッシングは、一度契約をすれば利用限度額の範囲以内で再融資や追加融資が簡単に利用できるのに対し、目的ローンは最初に一括してお金を借りることになり、再融資や追加融資を受ける際には、また新たにローンの申込をする必要があります。

その代わり上限金利はフリーキャッシングよりも目的ローンの方が低く設定されているので、借りたお金の使いみちが予め定まっている場合には、目的ローンの方がお得に利用できる可能性が高いと考えられるでしょう。


まとめ

おまとめローンとフリーキャッシングの最も大きな違いは、おまとめローンが借りたお金の使いみちが他のローンの返済に限られているのに対して、フリーキャッシングは原則借りたお金の使いみちが自由になっている、という点にあります。

 

さらに今回は同じ「借りたお金の使いみちが自由なローン」として混同しがちなフリーキャッシングとカードローンの違いについても解説を行いました。

それぞれのローン商品の違いをしっかり把握し、適切な利用を心がけたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン