おまとめローンと借り換えの違いって何? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローンと借り換えの違いって何?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

近頃テレビCM等で、「おまとめローン」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

しかし、内容をよくよく聞いてみると、一般的な「借り換え」と同じであるように思えます。

そこで今回はおまとめローンと借り換えの具体的な違いについて解説していきます。

おまとめローンは複数の債務を1つにまとめること!

カード

おまとめローンと借り換えの違いを理解するためには、まずはそれぞれの内容について正しく理解する必要があります。

まずおまとめローンですが、これは「おまとめ」という言葉が示す通り、ローンを1つに「まとめる」ローンのことを指します。

オンラインの辞書にも

 

多重債務者に借金を一括返済するための資金を融資する貸付商品。

 

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/262871/meaning/m0u/

 

という説明があるように、まとめるということは、今までの債務は複数あったことを意味するので、おまとめローンとは「複数の債務を一本化するために利用するローン」と言うことができます。

ただ単に複数の債務を1つの借り入れ先にまとめることを指すと言うよりは、一本化専用に用意されているローンのことをおまとめローンと言うことが多いです。

最近では多くの消費者金融や、一部の銀行カードローンなどで取り扱われるようになっています。

借り換えは債務の借り入れ先を別の業者に変更することを指す!

男子

一方、借り換えですが「換」という漢字は「交換」という言葉にも用いられる漢字です。

英語で言うと「change」が意味的にも近いでしょうか。

つまり借り換えは、「債務の借り入れ先を変更・交換する」という際に用いられます。

この場合は借り換えを行う前も行った後も、債務の数は1つのままで、ただ単に借り入れ先が変わっただけというのが一般的です。

そのため、「おまとめローン」のような専用のローンがあるわけではありません。

「A社で借り入れを行っていたけど、より金利の低いB社に債務を移した」というような行為は、全て「借り換え」と呼ばれます。

過去に消費者金融等の返済に苦しんだことのある方は、その多くが借り換えを検討・実行したことがあると思います。

おまとめは「複数→1件」で借り換えは「1件→1件」

女子

以上のことからおまとめローンと借り換えの違いを比較すると、おまとめローンは「複数の債務を一本化する際に利用するローン」、借り換えは「より有利な条件の業者に債務を移すこと」を指します。

どちらも完了後の債務が1社にまとまるという点では共通しています。

元々の債務が複数ある時に利用するのがおまとめローンで、借り換え先を変更するのが借り換えだと考えておくと、混同しにくいのではないでしょうか。

もちろんどちらにも利点はあるため、有効活用することで、返済総額を減らすことも可能です。

以降の項では、おまとめローンと借り換えそれぞれのメリットと、利用する際の注意点を考えていきます。

おまとめローンの利用で逆に返済総額が増えてしまうことも!?

女子

まずはおまとめローンからです。

おまとめローンの利点は債務を一本化することで、様々な恩恵を受けるということができる点です。

一般的に、消費者金融や銀行カードローンなどで借り入れを行うと、借り入れ金額が少ないほうが高い金利を設定されます。

そのため、例えば100万円を借り入れている場合を考えると、1社で借り入れている場合と、3社でそれぞれ20万円、30万円、50万円と分けて借り入れている場合では、分けて借り入れているほうが適用金利が高くなり、結果として月々の返済負担が大きくなってしまいます。

1社にまとめて適用金利を下げてもらうことで返済が楽になるというのが、おまとめローンの最も大きなメリットです。

その他にも債務を一本化することで、返済すべき金額がより明確になる、返済日を1つに集約することで、支払いをうっかり忘れてしまうことを防ぐ効果もあります。

ではおまとめローンを利用する際に、注意しなければならないのはどのようなことでしょうか。

それは、金利が下がったことにより返済が長期化して、結果として返済総額が増えてしまう可能性があるということです。

金利が下がると月々の返済が楽になることは間違いありませんが、意図しているのが「返済総額の削減」なのであれば、しっかりしたシミュレーションを行った上で利用する必要があります。

色々な金利や返済プランが混在している状態から1つにまとめることになるので、計算が苦手であれば業者の人に相談してみて、おまとめ前後でどのように変化したのかを算出してもらうのも1つの手です。

借り換えは業者を移動するだけなので比較が行いやすい!

女子

続いては借り換えです。

借り換えはおまとめローンとは違い、業者Aのプランから業者Bのプランに乗り換えるだけなので、金利等の計算に疎い人でも、借り換え前後で月々の返済額や総返済額がどのように変化しているかを計算しやすいと言えます。

そのため、十分に納得した状態で債務の移動を行うことが可能です。

おまとめローンよりは、月々の返済額や総返済額を抑える効果は薄いかもしれませんが、分かりやすさというのが借り換えの最も大きなメリットだと言えます。

ただしおまとめローンを利用する場合でも、借り換えを行う場合でも注意しておかなければいけないのは、どちらも利用に際して審査が発生するということです。

事前にどれだけシミュレーションして「月々の返済が~円だけ楽になるから助かるな」と思っていても、審査に通るまでは絵に描いた餅に過ぎません。

債務の返済が滞っていたりする場合には、審査落ちになる可能性も十分あるということを考慮に入れておきましょう。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン