おまとめローンにはデメリットもあり!?必ずお得になるとは限らない? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローンにはデメリットもあり!?必ずお得になるとは限らない?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

おまとめローンとは、複数の業者からの借入金を、一つの金融機関からの借り入れに一本化することです。

借り入れを一本化することの正確な意味と、おまとめローンが果たして得なのか損なのかを見てみましょう。

           

借り入れを一本化するとはどういうことか?

 借り入れの一本化を計算するイメージ

例えば、元利均等返済で、5社から年利10%で、100万円ずつ借りていたとしましょう。

返済期間は10年とすると、5社の合計利息は、2,929,044円になります。

 

これを同じく元利均等返済で、1社から年利8%で、500万円借りたとしましょう。

月々の返済額の負担を少なくするために、返済期間を20年とすると、利子の支払い額は、5,037,261円になります。

 

おまとめローンにしたのに、利子の支払い額が約200万円も多くなってしまいました。

なぜでしょうか。これは、返済期間が延びたことに原因があります。

利子を支払う期間が長くなったために、月々の返済額自体は少なくなっても、支払う利子の総額が大きくなってしまうのです。

 

目先の返済にとらわれず、支払利子額の総額に着目して、お得かどうかを判断する必要があります。

 

おまとめローンの審査のコツ!あえて金利の高いところを利用する?

 

一般的に、5社以上から借り入れている場合、おまとめローンの審査に通りにくくなると言われています。

そこでこのようなコツがあります。

金利の安いところほど審査が厳しくなる傾向にあるので、そこを逆手にとって、ある程度金利が高いところでいったんまとめて、件数を少なくして、金利の安い金融機関のおまとめローンを申し込むという方法です。

 

ローンを利用していて、返済が滞ったりした場合を「事故」と呼び、信用情報機関が記録しています。

この「事故」歴があると、審査を通るのが難しくなります。過去の返済履歴がきちんとしていれば、おまとめローンは借りやすくなります。


◇審査をもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要

また「申し込みブラック」と呼ばれ、短期間に何社もローンを申し込むと、審査に通りにくくなるという問題もあります。

ローンを申し込んだ情報は、信用情報機関に記録されますので、注意しましょう。


◇申し込みブラックをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン一本化で申込みブラックになるのは何社から?契約はできないの?

 

だまされるな!「借金一本化詐欺」の手口とは?

 作業業者がお金をだまし取ったイメージ

返済に追い詰められた人の心理につけこむ、借金一本化詐欺というものがあります。

 

たとえば、詐欺の最初のコンタクトは、メールが送られてきます。

連絡を取ると、直接その業者が貸し付けをするわけではなく、巧みに誘導して消費者金融の無人機などへ向かわせます。

 

そこで借りたお金を、業者に送らせるといったような手口があります。

送金してから警察に相談しても、時すでに遅しです。

 

チラシやダイレクトメールによる案内も、本当に有名な金融機関以外から発せられたものは、まず詐欺です。

審査を通るためにお金が必要だとか、消費者金融でお金を借りることが、融資する条件だというデタラメなことを言ってきます。

 

多くの場合、送金してしまうと業者と連絡が取れなくなります。

冷静に考えれば、おかしなことを言っているのがわかると思います。

十分に気をつけましょう。

 

こういった詐欺を見分けるには、どうすればよいか。

 

一つは、誰でも知っているような金融機関以外からは借りないことです。

また、お金を借りるために送金させるとか、その送金方法が変わっているということもポイントです。

たとえば、レターパックに入れて送るなど、送金した証拠が残らないような送金方法を指示して来たら、まず詐欺だと思うべきでしょう。

 

逆に、現金振り込みなら安心というわけでもありません。

大掛かりな詐欺で、銀行口座へ振り込ませるようなケースもあるでしょう。

しかし、記録に残らない方法を指示された場合は、確実に詐欺です。

 

借金一本化詐欺の業者は、大手消費者金融や信販会社と紛らわしい名称を名乗っていることも多いです。

そして入会金や保証金という名目で、お金を振り込ませるという手段です。

やはり、振り込んだ後、連絡が取れなくなるケースが多いです。

トラブルを回避し安全に借金を一本化するには、大手金融機関に相談することをおすすめします。







同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン