おまとめローンに借り換える際は金利に気をつけよう!借り換えにおすすめの商品とは? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローンに借り換える際は金利に気をつけよう!借り換えにおすすめの商品とは?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

複数の会社と契約してカードローン利用をしている場合、毎月複数回の返済をしなければなりませんし、利用残高の管理や返済計画の管理など、様々な負担が利用者にかかってくると考えられます。

そんな時に便利なのが、借り換えを行ってカードローンを一本化することとなります。

一本化できれば、返済管理にかかる負担が軽減されますし、支払う金利の節約効果も期待できるのです。

しかし借り換え先のカードローンの貸付条件などの確認を行ってしまうと、逆に返済の負担が重くなることも考えられます。

カードローンの借り換えを行う際の注意点やおすすめの商品などについて紹介してきます。

 

カードローンの借り換えを行う際の注意点って?

体重計に乗る女性

 

まずはカードローンの借り換えを行うにあたっての注意点について解説を行っていきます。

 

・最長返済期間や最大返済回数に気をつけよう

最長返済期間や最大返済回数といった「どのくらいのペースで返していくのか」ということはカードローンによってそれぞれ異なります。

また毎月の約定返済額は最長返済期間・最大返済回数に影響されることが多く、一般的にノンバンク系カードローンは、最長返済期間・最大返済回数が少なく、毎月の約定返済額は比較的多額となっています。

一方で銀行系カードカードローンは、最長返済期間・最大返済回数が多く、毎月の約定返済額は比較的少額となっているケースが多いことを心に留めておきましょう。

つまり、ノンバンク系カードローンは、毎月多くのお金を返さなければならない一方で、比較的短期間での完済が目指せますし、銀行系カードローンは、毎月の返済額は少額なので無理のないペースで返済できる一方で、返済期間が長いので総支払額は大きくなってしまう事が多いのです。

カードローンの借り換えを行う際は、予め自分がどのようなスタイルで返済していきたいのかをはっきりさせておくと良いでしょう。

 

・貸付利率に気をつけよう

銀行系カードローンからノンバンク系カードローンへと借り換えを考えている人の場合、貸付利率には特に注意を払う必要があるといえます。

一般的には銀行系カードローンの方がノンバンク系カードローンよりも貸付金利が低めに設定されていることが多いので、銀行系カードローンからノンバンク系へと借り換えをすることによって、適用利率が上がってしまい、毎月の支払利息の負担が増大してしまうケースが考えられるのです。

特に初めて契約するカードローンについては、上限金利いっぱいでの契約になることが多く、ノンバンク系カードローンであれば実質年率18.0%前後という条件での契約になるケースが多いと考えられます。

最長返済期間・最大返済回数とあわせて確認しておきましょう。

 

借り換えにおすすめのカードローンとは?

ヨガをする女性

 

次に借り換えの際にお薦めとなるカードローン商品について幾つか紹介を行っていきます。

 

・じぶん銀行カードローン

auのスマートフォンを利用しているなど、すでにau IDを保有しているという人に特におすすめしたいのがじぶん銀行カードローンとなります。

じぶん銀行カードローンは、すでにau IDを保有している人であれば、優遇金利でカードローン利用ができるのですが、じぶん銀行カードローンを借り換えローンとして利用する場合には特に優遇金利での利用が可能となっているのです。

じぶん銀行カードローンを使途自由のカードローンとして利用する場合には、年0.1%引き下げられた優遇金利でカードローン利用ができるのですが、借り換え専用ローンとして利用する場合には年0.5%引き下げられた優遇金利での利用が可能となっているのです。

au IDをすでに保有しているという人には絶対的におすすめできる商品概要となっているのです。

 

・楽天銀行カードローン

普段から楽天のサービスをよく利用しているという人に特におすすめができます。

貸付金利が年1.9%から年14.5%と業界最低水準なので、借り換えによって金利負担を減らせる可能性が高いですし、入会するだけで楽天スーパーポイントがもらえるという特典もある、メリットの大きいカードローンだと考えられるのです。

さらに、入会した翌月末時点でのカードローンの利用残高が一定額以上であれば、追加で楽天スーパーポイントがもらえる特典があるので、借り換えローンとしてまとまったお金を借り換えることで、多額のポイントによるキャッシュバックを受け取ることも出来るのです。

 

まとめ

 

特にノンバンク系カードローンから銀行系カードローンへ借り換える場合やその逆の場合には、貸付条件が大きく異るケースが多いので、事前にそれぞれのカードローンの特徴をしっかり抑えておくことが重要となります。

金利といった貸付条件や返済方式を見直すことで、カードローン返済から生じる負担は大きく軽減できる可能性があるので、自分のライフスタイルに適した、最適なカードローンへの借り換えを実現させたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン