おまとめローン契約の際には会社に連絡は来るの?契約までの流れを解説! - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローン契約の際には会社に連絡は来るの?契約までの流れを解説!

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

カードローン契約をする際には、審査の一環として、ほぼ例外なく現在の勤務先へ在籍確認のための電話がかかってきます。

在籍確認の電話は審査の終盤に実施されることが多く、審査の行方を占う重要な審査の一つとされているのですが、カードローンを一本化できるローンサービスである、おまとめローンの審査の際には在籍確認のための電話はかかってくるものなのでしょうか。

詳細などについて、徹底的に解説を行っていきます。

 

おまとめローンを契約する際には職場へ電話はかかってくるの?

電話

 

まず結論を言いますと、銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合でも、プロミス等の消費者金融が取り扱っているおまとめ専用ローンを利用する場合でも、原則職場へ在籍確認のための電話はかかってきます。

 

お金を貸す銀行側からの視点で考えてみると、何故在籍確認の電話をかけるのか、ということがイメージし易いかもしれません。

お金を貸す側からすると、最も怖いのは貸したお金が返してもらえず、貸し倒れ損失を出してしまうこととなります。

貸し倒れ損失を出さないためにも、この申込者にはお金を貸して大丈夫かと慎重に確認をする必要がありますし、特に「仕事に就いていて毎月一定の収入がある」というのは重要なポイントの一つとなります。

カードローン申込者の年収については収入証明書類を確認すれば済みますし、他社借入状況については信用情報照会を行えば簡単にわかる一方で、『現在』仕事に就いているかどうかを知るのは容易ではありませんし、そのことを調べる最も合理的な方法が電話による在籍確認だと考えられるのです。

カードローンの申込者をする直前に退職していたり、休職していたりする場合でも、審査の最中に職場へ在籍確認の電話をすれば、退職や休職などの事実は一発でわかります。

つまり、職場への在籍確認の電話は、お金を貸す上で最も重要なリスク・ヘッジ手段であり、各金融機関は貸し倒れ損失のリスクを下げるために、職場へ在籍確認の電話をかけているのです。

 

 

在籍確認の電話はどのような流れで行われるの?

考える女性

 

金融機関が在籍確認の電話をかける意味について解説をしたところで、次は在籍確認の電話がどのような流れで行われるのか、ということ等について解説を行っていきます。

 

在籍確認のための電話は、審査の終盤に差し掛かった頃に行われることが多く、もしも職場に在籍確認の電話がかかってきたのであれば、契約までもう一息である、と言っても過言ではありません。

なお、在籍確認の電話は担当者の個人名若しくは銀行名でかかってくることが一般的であり、消費者金融系のカードローンに申込みをした場合でも、消費者金融会社名義でかかってくることはありません。

加えて、もしも申込者以外の会社の人が電話を受けても大丈夫なように、電話口で「カードローン」や「キャッシング」といった言葉が使われることはありませんし、申込者本人以外に要件を伝えることは絶対にないので、会社に電話がかかってるくることで、同僚にまとめローンの申込をしたことが知られてしまうのではないか、と心配する必要はないと考えられます。

 

なお、在籍確認の電話では、

「○○様(申込者名)はいらっしゃいますか」といった具合で電話がかかってきて、申込者本人が電話に出た場合と、他の社員が電話に出た場合で、その後の対応が変わってきます。

本人が出た場合には、氏名や生年月日など簡単な本人確認が行われ、それで在籍確認の電話は完了となります。

電話を受けてまもなくしてから、審査通過の連絡がされることとなるので、契約締結のための書類準備などをしておくと良いでしょう。

 

また申込者本人以外の人が電話に出た場合ですが、電話を受けた人の対応によって、在籍確認が完了となるケースと再び電話がかかってくるケースの2つのパターンに別れることとなります。

電話を受けた人が「在籍はしているけれど今はたまたま席を外している」というニュアンスのことを話せばそれで在籍確認の電話は完了となりますし、申込者が現在不在なのはたまたまなのか、そうでないのかがはっきりしない場合には再度在籍確認の電話がかかってくることとなります。

営業担当などで、普段から席を外していることが多いという場合には、内勤の同僚に電話の取次などについて、予め確認をとっておくことをおすすめします。

 

在籍確認の電話は申込者本人が電話にでることができれば、それが一番の理想ですが、必ずしも申込者本人が電話に出なくてもOKだということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

金融機関は貸し倒れ損失を出さないための重要なリスク・ヘッジの一環として、申込者の職場に電話による在籍確認を行っていますし、カードローンでもおまとめローンでも原則として、在籍確認のための職場への電話は実施されています。

職場に電話がかかってくるというと、同僚におまとめローンへ申込をしたことが知られてしまうことを恐れる人も多いでしょうが、在籍確認の電話では申込者のプライバシーは最大限に尊重されるので、同僚に知られてしまうリスクは極めて低いと言えるでしょう。

在籍確認の電話はどのような流れで行われるのか、電話でどのようなことを訊かれるのかなどを知っておけば、心にゆとりができますし、確認自体は決して難しいものではありません。

電話がかかってきても慌てずに対処をして、おまとめローンの契約を成功させたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン