ノーローンのおまとめローンとはどんなもの?金利・限度額を検証します! - 借金一本化で返済おまとめローン

ノーローンのおまとめローンとはどんなもの?金利・限度額を検証します!

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

「何度でも1週間無利息」という、業界で唯一無二の商品を提供するノーローンでは、

おまとめ専用の商品を提供しています。

おまとめローンにもノーローンならではの特徴があるのでしょうか?

 

パート・アルバイトでも利用可?おまとめローンの中身とは?

おまとめローンの中身をよく調べているイメージ

 

では、さっそくノーローンのおまとめローンについて見てみましょう。

ノーローンでは、2つのタイプのおまとめローンを提供しています。

1つは、初めて利用する方向け、もう1つは契約中の利用者向けの2種類です。

 

それぞれの、金利や限度額などの内容を見てみましょう。

実質年率(2017年1月11日現在)

 

申込み条件

実質年率

限度額

必要書類

初めての方

給与収入のある方

12.0%~18.0%

10万円~300万円

本人確認書類

収入証明書

契約中の方

給与収入のある方

パート・アルバイト可

12.0%~18.0%

10万円~400万円

本人確認書類

収入証明書

 

こうして比べて見てみますと、

契約中であればパートやアルバイトの方でも、

利用できるという点が大きな差でしょう。


◇おまとめローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 パート・アルバイトでもおまとめローンは契約できるの?!銀行と消費者金融のどちらに申し込めばいい?


では、他の消費者金融が提供しているおまとめ専用の商品とはどのような違いがあるでしょうか?

ノーローンと同じように、

「初めての利用者向け・利用中またはご利用していた方向け」

のおまとめローンを提供しているアイフルと比べてみることにしましょう。

 

実質年率(2017年1月11日現在)

 

申込み条件

実質年率

限度額

必要書類

アイフルを初めての方

かりかえMAX

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

12.0%~17,5%

1万円~500万円

他社借入条件等の確認ができる書類

本人確認書類

源泉徴収票等収入を証明する書類

アイフルを利用中の方、または利用したことのある方

おまとめMAX

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

12.0%~15,0%

1万円~500万円

他社借入条件等の確認ができる書類

本人確認書類

源泉徴収票等収入を証明する書類

 

アイフルでは、ご利用してくれた方向けのおまとめローンでは、

金利を下げているのが分かります。

アイフルと比べると、ノーローンのおまとめローンは金利も高く限度額も低いですね。

おまとめ専用ローンを提供している他の金融機関ともいくつか検討してみましょう。

多くの金融機関において、申込み条件や必要書類等は大きな差はないと思われますので、

金利と限度額だけに絞って比較してみましょう。

 

実質年率(2017年1月11日現在)

 

プロミス

アコム

東京スター銀行

実質年率

6.3%~17,8%

7.7%~18.0%

5.8%~14.8%

限度額

300万円まで

1万円~300万円

30万円~1,000万円

 

東京スター銀行は銀行の中で数少ないおまとめ専用の商品を提供している銀行のため載せていますが、

審査が厳しいと一般的に言われる分、金利・限度額どちらをとっても群を抜いていますね。

 

こうして他の金融機関と比較してみますと、

ノーローンのおまとめローンは上限金利も低くなければ下限金利も低くなく、

限度額も最小クラスといえるでしょうか。

おまとめをする場合、借りる金額は多くなると思われますので、

下限金利の値は考慮に入れるべき部分と言えるでしょう。


金利が違うと、実際に払う利息はどれくらい変わってくる?

支払い額の差を計算しているイメージ

 

限度額が同じ300万円のプロミスとノーローンのおまとめローンを実際の金額にして比較してみましょう。

100万円以下の借入の場合は上限金利が適用されることが多く、

金額が大きくなればなるほど金利が下がるのが一般的です。

 

プロミスもノーローンも、上限金利にはさほど差がないので省略しますが、

限度額いっぱい借りた場合の金利の差はとても大きな開きがあります。

 

300万円を借りたとして、仮に最低金利が適用されるとプロミスなら6.3%、ノーローンなら12%です。

実際に金額にするとどれほどの差があるのでしょうか?

 

仮に300万円を3年にわたって借りるとした場合、以下のようになります。

 

月々の返済額

返済総額

利息合計

プロミス

91,674円

3,300,364円

300,364円

ノーローン

99,642円

3,587,112円

587,112円

 

いかがでしょうか?

金利が高いと月々の返済が増えるだけでなく利息もドンと増えることが分かります。

ノーローンの場合、同じ金額を同じ年数借入すると、利息合計はプロミスの倍近くにもなります。

 

では、ノーローンでのおまとめを活かせるのはどのような場合でしょうか?

 

①ここまで大きな額を借りない、100万以下の融資を希望の場合で、

②なおかつノーローンを利用中の方であれば、

メリットがあるといえるでしょう。

 

一度すでに審査に通っていることや、

これまでに返済遅延などなくきちんと返済をしてきた方なら信用も十分あることから、

借入経験のない金融機関からゼロからの審査になるよりは、審査に通りやすいと思われます。

これも大きなメリットですね。

返済すればするほど還元される!?ノーローンポイントサービスとは?

ポイントがどんどん貯まっていくイメージ

 

(月が変われば)何度でも1週間無利息という変わった特徴を持つノーローンですが、

それ以外にも他に類を見ないサービスを提供しています。

それが、ノーローンポイントサービスと呼ばれるものです。

支払いの利息額に応じて毎月ポイントがたまるサービスです。

 

具体的には以下の3つのいずれかのポイントを貯めることができます。

 

  • 楽天ポイント
  • ネットマイル
  • Gポイント

 

ポイントを得るためには、

各ポイントサイトへの会員登録と、ノーローンポイントサービスへの参加登録が必要になりますが、

3つのコースから貯めたいポイントを選ぶことができます。

 

もちろん、おまとめローンの返済の利息分に対してもポイントが付きます。

返済に対してポイントが付くというのは、他の金融機関では見当たらないサービスですね!

 

他にも、ノーローン会員特典として、会員限定セコム優待割引サービスというのもあり、

セコム商品を優待価格で利用することができます。

 

こうした特典も考慮に入れながら、

ノーローンでのおまとめを検討されると良いでしょう!






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン