中央リテールおまとめローンのメリット・デメリットを解説! - 借金一本化で返済おまとめローンランキング】

中央リテールおまとめローンのメリット・デメリットを解説!

 借金一本化で返済おまとめローンランキング > おまとめローンのスペック

中央リテールの最高利率は、年利13%なので毎月の返済額を減らすことも可能に!

さらに審査回答が早いのも特徴です。

そんな中央リテールのおまとめローンの申し込み方法や融資のことなどをまとめました。

また、メリット・デメリットまどもご紹介いたします!!

中央リテール おまとめローンの特徴

女子

翌日融資可能

中央リテールの特徴として、審査結果を2時間で終わらせて、最短翌日に融資をすることができる点にあります。

複数のローンに苦しんでいる多重債務者にとって、借金の一本化は「悲願」と言っていいでしょう。

おまとめローンに借り換えることで借金を一本化しようとする人は、同じ多重債務者であっても、将来に向けた真剣な意思があります。

東京渋谷にある中央リテールの店舗に来店することができる人が対象になるでしょうが、他の地域に住んでいる人でも、このスピードなら長期間待たされることはないでしょう。

その悲願を一日でも早く実現させることができる中央リテールは、多重債務者の方にとって救いの神と言えるかもしれません。

1本化により将来の見通しが立つ

おまとめローンは、毎月のようにいくつかの金融機関に対して返済を繰り返している人にとって将来の見通しを立てることができる唯一の手段と言っていいでしょう。

いくつもの借入先が生じてしまった理由は人それぞれですが、その返済に自分の人生を捧げてしまっていいわけがありません。

債務の一本化は、完済へ向けた第一歩となるでしょう。

多重債務者の中には、複数のローン返済に気が滅入り、精神科のドクターに世話になっている人もいます。

もちろん多重債務を精神科のドクターが根本的に解決することはできません。

多重債務を解決することができるのは、債務の一本化を実現できるおまとめローンだけです。

おまとめローンを申し込むと、返済スケジュールが提示されます。

完済までの道のりは遠いかもしれませんが、今まで借金が完全になるようなことを考えたことのない人にとっては一筋の光明となるでしょう。

中央リテール公式サイトはこちら

中央リテール おまとめローンのメリット

財布

最高利率13%

中央リテールのおまとめローンは最高利率が年利13%です。

今まで年利18%という高金利の消費者金融を利用していた人にとっては、利息負担額が減少し、毎月の元本返済額が増加します。

最高利率13%という数字は、銀行系カードローンの金利に匹敵します。

中央リテールのおまとめローンを利用する人は、このような低利率のローンとは縁がない事が多かった人が少なからず存在するでしょう。

最高利率13%なので、毎月の返済額を減らすことも可能です。

中央リテールのおまとめローンを利用する人の中には、家族を持っている人もいるでしょう。

そのような人は、子供ができたりして一時的に家計が苦しい時期も到来するでしょう。

そんな時期に中央リテールのおまとめローンに借り換えをすることで、返済を一本化するとともに利息負担額を減らして毎月の返済額を減らすことができます。

子供が欲しいのに、借金が多くて子供を作ることができないと言うのは悲しすぎます。

低利率の中央リテールのおまとめローンなら、そんな夫婦の夢を実現させる手段になるでしょう。

審査回答が早い

中央リテールのおまとめローンは審査回答に要する時間が2時間です。

消費者金融の新規顧客を審査するだけなら、こんな時間はかかりません。

しかし、おまとめローンの利用者は金融機関が一番警戒する多重債務者です。

そのような人を相手にして審査をするのですから、スピーディーな審査は無理です。

にも拘わらず、中央リテールのおまとめローンは審査時間2時間を実現しています。

おまとめローンの審査を待っている間は不安なものです。

審査を待つ時間は不安なモノですが、特に自分の人生を左右しかねないおまとめローンとあっては不安化も倍増するでしょう。

家族がいる人であれば、更にその思いは強いはずです。

そんな人にとって、中央リテールのおまとめローンは審査時間が早いので利用者にとっては助かると言っていいでしょう。

審査回答が早いことは、利用者に安心感をもたらします。

審査は緩め

中央リテールのおまとめローンはWEB上に自己診断ができるプログラムがあります。

自分の状況を入力すれば、審査に通りそうかどうかの仮診断ができます。

仮診断とはいえ、プログラムは中央リテールで利用している審査プログラムを簡略化したものであり、入力に対する回答は実際に中央リテールのおまとめローンの審査結果と似たものになるでしょう。

中央リテールのおまとめローンは、カードローンのように残高が融資限度額の上限付近に留まることはなく、毎月残額が減少し追加借入はできません。

そのため、リスクが少なく、金利を下げることができるのです。

カードローンの審査は厳しいと言われていますが、これは単にカードローンというローン商品の特性から審査が厳しくなるのです。

そのため毎月残額が減り続ける中央リテールのおまとめローンは、リスクが少なくて利率を低くしてもいいですし、多少審査を緩くしても大丈夫なのです。

中央リテール公式サイトはこちら

中央リテール おまとめローンのデメリット

落ち込む

追加借入はできない

中央リテールのおまとめローンにもデメリットはあります。

その最たるものは、追加借入ができない点です。

今までカードローンを利用していて、お金が足らない時には消費者金融などのカードローンを利用していた人は、ハシゴを外されたような気分になるかもしれません。

おまとめローンを開始した人は、それなりの覚悟をもってスタートしているはずでしょうが、それでも臨時支出というものは存在します。

普通に生活をしていても、冠婚葬祭で緊急の資金支出がありえます。

また、大型電化製品などが壊れることだってあるでしょう。

このような「緊急事態に」中央リテールのおまとめローンは対応できません。

先ほどメリットの部分で述べた通り、毎月残額が少なくなるから中央リテールとしてはリスクが少なくなって大型貸付が可能になるのです。

しかし、その反面使い勝手が悪くなり、緊急時の対応ができない点は覚えておく必要があるでしょう。

・ 返済方法は振込のみ

中央リテールは返済方法が振込だけです。

カードローンの取り扱いがなくコンビニATMを利用することもできません。

最近はネットバンクを利用する人が多く、振込の手続自体は面倒ではありません。

しかし、振込手数料は必ずかかります。

中央リテールの会社概要を見ると、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行といったメガバンクとも取引があるため返済口座はこれらの支店が指定されているでしょう。

これらの銀行に口座を持っていれば自行内振込なので多少なりとも振込手数料は安いでしょう。

また、振込手続が難しくないとはいえ、おまとめローンの返済期間は長期化します。

最長10年の返済になりますから、毎月振込を続けなければいけません。

通勤や通学で中央リテールの本社である渋谷に行く用事がある人なら別ですが、そうでなければ返済はちょっと面倒だと言えそうです。

中央リテール おまとめローンの申込に必要な書類

書類

身分証明書

中央リテールの申込に当たっては、身分証明書は必須です。

身分証明書は運転免許証などで大丈夫だと思われますが、中央リテールのWEBにはどのような書類が必要か出ていません。

ただし、消費者金融に限らず、金融機関の本人確認書類は定型化されており、他社の商品説明書などを見ればわかるはずです。

中でも運転免許証は、信用情報機関で免許証番号も登録されていることから、本人確認の確実性という面では有効性が高いと言われています。

他の書類としてはパスポートなどの公的な証明書が身分証明書として有効です。

健康保険証などでもいいのですが、偽造されていることがあり、信頼性という面では一歩劣り、審査では証明書の確認に時間がかかり、審査が遅れる要因になります。

運転免許証が一番確実です。

所得証明書

消費者金融でもある中央リテールは、貸付に際して所得証明書を要求します。

他の消費者金融では同様の商品性を持つおまとめローンで、所得証明書提出を省略していないことから、中央リテールでも所得証明書は要求されるはずです。

ただ、給与所得者であれば年末の源泉徴収票でいいでしょうし、自営業の方であれば確定申告書の控でもいいでしょう。

とはいえ、確定申告書の控など持っていない人もいるでしょうし、確定申告の際に控をもらっていない人も少なくないようです。

この場合、役所が発行する証明書が必要です

平日の昼間しかやっていない役所で証明書をもらうことは大変ですが、これがなければ融資を受けることができないため、なんとか時間を取って役所に申請をする必要があります。

スピード重視なら来店が必要

中央リテールはその気になれば翌日の融資が可能です。

しかし、それは契約手続がすべて終わればの話であり、必要書類の確認ができなければ契約は成立しません。

そのため、スピード重視であれば中央リテールの店舗で手続が必要です。

中央リテールも、原則として契約手続は店舗でとWEB上に載せており、地方在住者は相談に応じるとは言うものの翌日融資は難しいでしょう。

運転免許証などの身分確認書類は、他人の成りすましなどを防止するために必須の手続です。

申込書の内容と身分確認書類は一字ずつ確認して、違いがあれば指摘されます。

極論ですが、名前の漢字が違っていても最終的に審査に通らない可能性があります。

ちなみに、ブラックリストに載った人が住所や生年月日を微妙に変えているケースがありますが、信用情報機関のデータ照会ではすり抜けたとしても最後はバレます。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン