おまとめローンに銀行系のカードローンを使うのがおすすめの理由 - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローンに銀行系のカードローンを使うのがおすすめの理由

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

複数のカードローンで月々の返済に困ったのであれば、借金をひとつにまとめることをおおすすめします。

まとめるには幾つ可能方法があり、もっともしられているのは消費者金融のおまとめローンを利用する方法と、銀行系のカードローンを利用する方法です。

今回はカードローンでおまとめに利用するときの、おおすすめ銀行を紹介します。

 

 

消費者金融のおまとめローンは損をする

消費者金融のおまとめローンは損をする

消費者金融のおまとめローンで、複数のカードローンなどをまとめる方法はもっともポピュラーな方法でしょう。

しかし、おまとめローンで借金をまとめると、損をするとも言われています。

これは、借金を10年間などの長期間に固定するため、利息を支払い続けることが長くなって損をすると言うものです。

返済期間が長くなれば、利息の支払いで損をするのは当然と言えるでしょう。

ただし、これは複数のカードローンをおまとめローンよりも短い返済期間で、借金を返すことができたときのことを想定して話がされています。

カードローンの場合は、反復利用が可能ですので必ずしも、おまとめローンが損をすると言うことにはならないでしょう。

むしろ、返済額を少額にすることで、カードローンを利用することなく、生活をしていける可能性も出てきますので最終的には得をする可能性もあります。

 

おまとめローンは利息で得をする商品にはなっていません。

月々の返済額を少なくして、生活を改善することが目的に商品ですので、利息の損得を考えることに意味がないのです。

月々の返済に困っていない人は、おまとめローンを利用する必要はないでしょう。

ただ単に、返済日がバラバラで管理が面倒だからと言う理由では、おまとめローンにすることはおすすめできません。

返済日をまとめたいのであれば、銀行系のカードローンでまとめることが良いと思います。

金利もおまとめローンより低く、随時返済で幾らでも返済が可能な銀行系カードローンでまとめることができれば、利息をお得にすることができるでしょう。

 

 

銀行系のカードローンで得をする方法

銀行系のカードローンで得をする方法

銀行系のカードローンは、おまとめローンよりも一般的には金利が低く、借り換えが成功すればお得になることでしょう。

先ほども話をしましたが、返済日をひとつにまとめたい人にもおすすめな、おまとめローンになります。

ただし、あくまでもカードローンで借り換えをするため、借金が固定化するわけではありません。

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

カードローンは反復利用ができる商品です。

したがって、順調に返済をしていくとカードローンの限度額にあき枠が出てきて、再び借金をすることができるようになります。

借金が減らないのでは、ひとつにまとめた意味も薄れてきますので、計画的に返済をしてしっかりと借金を完済するようにしましょう。

また、銀行系カードローンの多くは、返済額が少なくなっています。

銀行で指定している返済額で月々返済をしていると、いつまでたっても借金をなくすことができませんので注意をしてください。

 

銀行系のカードローンを利用して、お得に借金を返済するには随時返済を利用して、月々の返済額以上に自分で決めた金額を毎月入金することが大事です。

随時返済をすることが、カードローンの利用するときのポイントになります。

毎月幾らずつ返済可能なのか、自分自身で決めないとカードローンは借金がどんどん増えていく商品です。

最低返済金額というものは、利息を支払っても元金が増えない最低金額に設定されています。

月々の返済というものは、利息支払いと考えておくと良いでしょう。

したがって、自分自身で随時返済をしないのでは、元金に入金をしていないと同じことになります。

そこで、カードローンを利用してしまうと、借金が増えていき、いずれは限度額いっぱいになってしまうと言う仕組みになっているのです。

 

 

 

 

楽天銀行でまとめよう

楽天銀行でまとめよう

楽天銀行のカードローンは14.5%の金利になっています。

この金利は、銀行系の一般的な金利水準となっているでしょう。

100,000円のカードローンと、200,000円のカードローンを利用している人であれば、楽天銀行のカードローンにまとめることがおおすすめです。

消費者金融や信販会社のカードローンを利用している人は、この楽天銀行で借金をまとめてしまいましょう。

流通系のカードローンなどを利用している人もいるかもしれませんが、そのような人も楽天銀行に借り換えをするといいのではないでしょうか。

 

銀行系のカードロ-ンは、配偶者の同意も必要がありませんので、手続きは非常に簡単です。

複数のカードローンを持っている人は、銀行系のカードローンにまとめてしまうことをおすすめします。

ただし、楽天銀行を利用するときにひとつだけ気をつけなければいけないことがあります。

それは、返済額が少額であると言うことです。

返済額が少ないと言うことは、銀行で指定している返済額だけでは借金がなくならないことになります。

したがって、自分自身で幾らずつ返済をするのかしっかりと決めて、随時返済で返済をしていきましょう。

 

 






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン