フリーターでもおまとめローン契約は可能?おすすめの商品とは? - 借金一本化で返済おまとめローン

フリーターでもおまとめローン契約は可能?おすすめの商品とは?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

定職に就いていないフリーターであっても、継続的かつ安定的な収入があれば、カードローン等の無担保ローン契約は可能となっているケースが多く、お金に困ったときには便利に借り入れを行うことができます。

カードローンと同じ無担保型のローンであり、複数社からのキャッシングによる借入やカードローンによる借入を一本化出来るおまとめローンは、複数社から借入をしている人であれば、利用することで効率よくローン残高を減らせるようになるという利点があるわけですが、果たしてフリーターでもおまとめローンは契約できるものなのでしょうか。

詳細を解説します。

 

 

フリーターでもおまとめローンの契約は可能?!

ピースをする人

 

まずは、フリーターでもおまとめローンを契約することは出来るのか、ということなどについて、解説をしていきます。

 

結論を先に述べますと、フリーターでもおまとめローンを契約することは可能となっています。

消費者金融と契約しておまとめローンを契約する場合には、殆どのケースにおいて満20歳以上であるという条件と安定した収入と返済能力を有するという条件を満たしていれば、職業や性別などに関係なくおまとめローンは契約可能とされているのです。

また銀行系カードローンをおまとめローンとして活用する場合も同様に、多くの銀行系カードローンでは満20歳以上で安定・継続した収入があれば、パートやアルバイトでも申込み可能とされているので、問題なく契約ができるのです。

 

但し気をつけなくてはいけないのが、おまとめローンを契約する場合には、『安定・継続』した収入があると金融機関に認めてもらう必要があり、短期契約のアルバイトやパートを転々としている場合には、『安定・継続』した収入があると認めてもらえる可能性は非常に低いということになります。

1つのパート先・アルバイト先に長期間勤めていて、毎月一定額を超える収入があるのであれば、『安定・継続』とみなされる可能性が高い一方で、短期契約のアルバイト繰り返している場合には、その人次第で収入が大きく変わってしまう可能性があるため、金融機関は『安定・継続』した収入があるとは決してみなさないのです。

 

短期間の仕事を転々としている人や、まだアルバイトやパートを初めて間もないという人は、まずは最低でも6ヶ月間は、勤続期間を重ねてからおまとめローンへ申込みをすることをお奨めします。

 

 

フリーターでも契約しやすいおすすめのおまとめローンって?

黒板とイラスト

 

続いて、フリーターでも契約しやすい、比較的審査がゆるいと考えられる、おすすめのおまとめローンについて紹介を行っていきます。

・アコムの借り換え専用ローン

アコムの借り換え専用ローンは、大手消費者金融系の専用のおまとめローンということで、例外的に総量規制の対象外とされています。

そのため年収の3分の1を超える借入にも対応していますし、店頭窓口からの申込みはもちろん、自動契約機から申込むこともできるので、比較的申込みや利用がしやすい商品であると考えられます。

 

また、申込み要件についても、満20歳以上で安定した収入と返済能力があれば申込み可能とされているので、フリーターでも問題なく申込みができます。

 

・プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンも、アコムの借り換え専用ローンと同様に、例外的に総量規制対象外とされているので、消費者金融のローン商品でありながら、年収の3分の1を超える借り入れが可能とされています。

また申込み方法については、こちらもアコムと同様に、店頭窓口申込みと自動契約機申込みに対応しているので、比較的容易に申込ができるという利点が挙げられます。

 

同ローンは安定した収入があれば、フリーターも申込みができるので、フリーター以外の人にも、気軽におまとめローンを利用したいという人には幅広くおすすめが出来る商品となっています。

 

 

まとめ

 

定職に就いていないフリーターであっても、毎月一定金額以上の安定した収入があり、返済能力を有していると金融機関に認めてもらうことができれば、おまとめローンは契約可能となっています。

 

金融機関に安定した収入があると認めてもらうためには、できるだけ1つのアルバイト先に長く勤める、年収を増やすなどをすると効果的となります。

またおまとめローン契約前に債務を減らしたり、借入先を減らすことでも、おまとめローン審査は通過したすくなると考えられるので、様々な工夫をこらしてぜひともおまとめローンを契約したいものですね。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン