住信SBIネット銀行カードローン[MR.カードローン]は低金利と評判!審査・返済・ATMなどお得なり用法 - 借金一本化で返済おまとめローンランキング】

住信SBIネット銀行カードローン[MR.カードローン]は低金利と評判!審査・返済・ATMなどお得なり用法

 借金一本化で返済おまとめローンランキング > おまとめローンのスペック

住信SBIネット銀行のカードローンが「Mr.カードローン」です。

「Mr.カードローン」は金利が低いと評判ですが、低い利用限度額でも10%を切る金利をラインナップとしてあります。

また、ネット銀行のため申込みが手軽で、審査が早いことも好評判のようです。とても好評な、「Mr.カードローン」をまとめました。

 

 

住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」とは

住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」とは

三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資している、ネット専業銀行が住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行の大きな特徴は、SBI証券と連携を重視している点になります。

SBI証券に入金しなくても、債権の買い付け資金にあてられる、SBIハイブリッド預金は特徴的な商品です。

また、銀行のウェブサイトから預金残高と、SBI証券口座の残高を管理できるようにされています。

 

証券と銀行のサービスを一元管理ができ、債権の運用する人に向けて販路を拡大しています。

住信SBIネット銀行はこのように証券会社と連携の強化を図っています。

その影響として「Mr.カードローン」の金利も、SBI証券との取引を金利に反映しているのです。

ネット専業銀行のため、カードローンの手続きでも印鑑が必要がありません。

申込みはすっきりとして、手間いらずとなっているのも人気の要因でしょう。

金利が低く、手軽に申込みができるのが「Mr.カードローン」です。

 

MRカードローン 低金利のプレミアムコースに申し込みたいと思っています。
住信SBIネット銀行ミスターカードローンの広告キャンペーンに乗じて申し込みたいのですが、詳細の分かる方いますでし
ょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12162544217

 

 

店舗数

住信SBIネット銀行はネット専業銀行のため店舗を構えていません。

ネット専業銀行のため、ATMも保有をしていません。

 

提携ATM

ほとんどの金融機関のATMで利用ができます。

コンビニではイオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netが利用可能となっています。

ゆうちょ銀行は利用できませんので注意をしてください。

「Mr.カードローン」はお金を借りるときも、入金をするときも、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netを利用すると手数料はかかりません。

また、返済用口座の普通預金に入金をするときも、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netを利用すれば、手数料がかかりません。

 

 

「Mr.カードローン」のメリット

「Mr.カードローン」のメリット

「「Mr.カードローン」は「スタンダードコース」「プレミアムコース」のふたつがあります。

「プレミアムコース」で「Mr.カードローン」を作れれば、金利の低さは際立っています。

利用限度額が10万円の少額でも10%を切る金利です。

さらに、SBI証券の口座を持っていれば、-0.5%になります。

「Mr.カードローン」は消費者金融との差が、実に10%以上にもなるのです。

 

10%の金利差は、10万円を30日間借りると821円の差になります。

そして、返済額が少ないこともメリットとしてあげることができます。

10万円以下を借りたときに2,000円、50万円を借りたときは8,000円の返済額です。

この返済額は家計に負担が少なく、手軽に利用ができるでしょう。

そして、手続きがインターネットで済むということも、内緒で借りたい人にとっては有り難いですね。

 

「プレミアムコース」は金利が低い

「Mr.カードローン」は「プレミアムコース」の内容が非常に魅力的な商品です。

「プレミアムコース」の金利は、ほかの金融機関にはない低金利で、利用限度額が50万円で7.99%以下の金利はほかの金融機関では見ることはできません。

一般的には消費者金融で18.0%、銀行などでは14.0%の金利となっています。

これらの金利と比較すると、「Mr.カードローン」は大きな差となります。

さらに、SBI証券に口座を保有して、SBIハイブリッド預金を開設するとさらに金利が-0.5%となります。

実に7.49%でお金を借りることができるのです。

 

「Mr.カードローン」は返済額は少ない

「Mr.カードローン」は10万円を借りて2,000円、20万円を借りて4,000円など、月々の返済額が少なく家計の負担を軽減できます。

返済額が少ないことは、借りたお金がなかなか完済しないことを意味します。

したがって、家計に負担がかからない程度の金額を、随時返済を上手に利用することが大事です。

しっかりと、返済計画を立てた上で、お金を借りることが重要になります。

郵送で書類のやり取りが一切ないのが、ネット専業銀行の大きな特徴です。気軽に申込みができて、家族に内緒で利用ができます。

 

遅延損害金がない

「Mr.カードローン」で特筆しておくことが、遅延損害金がないことです。

この遅延損害金がないのは、ほかの金融機関には見られないことです。

万が一、返済が遅れた場合は、翌月の返済日までに返済をすれば延滞が解消されます。

そのときに、遅延損害金はかかりませんので、安心をしましょう。

ただし、翌月までに返済をしない場合は、一括返済を求められますので気をつけてください。

申込みをする前から延滞のことを考えるのはおかしなことですが、「Mr.カードローン」は遅延損害金もほかに見られない設定となっています。

 

 

「Mr.カードローン」のデメリット

「Mr.カードローン」のデメリット

「Mr.カードローン」のデメリットは次の点があげられます。

 

○返済額が少ない

○当日融資ができない可能性がある

 

上記のことが、デメリットとして考えられます。

返済額が少ないことは、もろ刃の剣でメリットでもあり、デメリットでもあります。

では、詳しくデメリットを見ていきましょう。

 

返済額が少ない

「Mr.カードローン」は返済額が少ないことがメリットと話をしました。

返済額が少ないことは、借りたお金がなかなか減らないことです。

家計にとても優しいのですが、注意が必要でしょう。

毎月利息だけを返済していることと同じで、元金がなかなか減ることがないのです。

 

実際に計算をしてみます。

10万円で7.39%を借りたときには、30日で607円の利息です。

月々の返済額は2,000円ですので、1,393円が元金に返済されます。

このペースで返済すると、いつまで返済を続けなければいけないのでしょうか。

返済をしているときに、一度もお金を借りなければ、7年間返済を続ければ完済できます。

しかし、完済をするためには7年間、お金を借りられないことになります。

 

当日融資ができない可能性がある

「Mr.カードローン」は、申込みをした当日に審査が終了することもありますが、基本的には2日間程度は時間が必要のようです。

したがって、すぐにお金を借りたい人は気をつけましょう。

「Mr.カードローン」は、普通預金のキャッシュカードが、カードローンのカードになります。

審査が通過すると、キャッシュカードを持っている人は、すぐにお金を借りることができます。

既に住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している人は、スピーディーにお金を借りることができるでしょう。

 

 

「Mr.カードローン」の金利

「Mr.カードローン」の金利

まずは金利をほかの金融機関と比べてみましょう。

金融機関 金利 遅延損害金

銀行

楽天銀行 1.9~14.5% 19.90%
じぶん銀行 1.7~17.4% 18.00%
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
8.99~14.79

なし

住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1.59~7.99%
三井住友銀行 4.0~14.5% 19.94%
三菱東京UFJ銀行 1.8~14.6% 1.80~14.60%
新生銀行
(レイク)
4.5~18.0% 20.00%

消費者金融

プロミス 4.5~17.8% 20.00%
アコム 3.0~18.0% 20.00%
アイフル
(キャッシング)
4.5~18.0% 20.00%
アイフル
(カードローン)
4.5~9.5% 20.00%
信販会社 オリコCREST 4.5~18.0% 18.00%

※「Mr.カードローン」は変動金利となっています。※金利、遅延損害金は2017年2月現在の実質年率です。(2017年2月9日現在)

 

「Mr.カードローン」はほかの金融機関と異なり、ふたつのコースがあることです。

「スタンダードコース」の場合は、ほかの金融機関と比べて、条件は特別良いものではなく、むしろ悪いのではないでしょうか。

なお、消費者金融と異なり無利息の期間がありませんので注意をしてください。

また、「Mr.カードローン」は遅延損害金はありませんので、お得といえます。

 

上限金利の比較

「プレミアムコース」の金利が際立っています。

10%を切るカードローンの金利は、ほかには見当たりません。

ただし、「スタンダードコース」の場合は、ほかの銀行と比べると見劣りします。

しかし、SIB証券の口座を持っている人は、-0.5%になりますので検討する余地はあるでしょう。

楽天銀行のカードローンと比較してみましょう。

限度額 楽天銀行 住信SBIネット銀行
(スタンダードコース)
住信SBIネット銀行
(プレミアムコース)
10万円以上~100万円以下 0.145 14.79% 7.99%
100万円超~200万円以下 9.6%~14.5% 11.99% 6.39%~6.99%
200万円超~300万円以下 6.9%~14.5% 8.99% 5.29%~5.99%
300万円超~400万円以下 4.9%~12.5%
(300万円以上350万円未満)
なし
4.99%
400万円超~500万円以下 4.9%~8.9%
(350万円以上500万円未満)
500万円以上~600万円未満 4.5%~7.8%
3.99%
(500万円超~700万円以下)
600万円以上~700万円未満 3.0%~7.8%
700万円以上~800万円未満 3.0%~7.8% 2.99%
(700万円超~900万円以下)
800万円以上 1.9%~4.5% 2.49%
(900万円超)

(2017年2月9日現在)

 

「Mr.カードローン」はふたつのコースがあります。これは審査によって決まります。

「スタンダードコース」の場合は、ほかの銀行と遜色はないでしょう。

ただし、このように見比べてみると「プレミアムコース」の金利がいかに低いか分かるのではないでしょうか。

また、「Mr.カードローン」は次の条件に該当すると、金利が優遇されます。

①SBI証券口座保有登録済み若しくは、住信SBIネット銀行から住宅ローンを現在借り入れしている顧客は年-0.5%

②住信SBIネット銀行所定の「SBIゴールドカード」などのSBIカードを保有し、住信SBIネット銀行の口座から引落口座にしている顧客は年-0.1%

 

下限金利の比較

「スタンダードコース」はほかの銀行と比べて、割高になっているのが分かります。

やはり、「プレミアムコース」の金利は低いのですが、1%台の金利は珍しくはありません。

このことから、利用限度額が少ないときに、「Mr.カードローン」は威力を発揮しそうです。

 

借入金額別の適用金利

限度額 住信SBIネット銀行
(スタンダードコース)
住信SBIネット銀行
(プレミアムコース)
10万円以上~100万円以下 14.79% 7.99%
100万円超~200万円以下 11.99% 6.39%~6.99%
200万円超~300万円以下 8.99% 5.29%~5.99%
300万円超~400万円以下
なし
4.99%
400万円超~500万円以下
500万円以上~600万円未満
3.99%
(500万円超~700万円以下)
600万円以上~700万円未満
700万円以上~800万円未満 2.99%
(700万円超~900万円以下)
800万円以上 2.49%
(900万円超)

(2017年2月9日現在)

 

やはり7.99%の金利が際立っています。

少額利用で10%を切る金利はほかに類を見ないため、「プレミアムコース」で借りることができるか申込みをしてみることもいいでしょう。

 

 

「Mr.カードローン」の限度額

限度額をまずはほかの金融機関と比べてみましょう。

業者名 限度額
銀行
楽天銀行 800万円
じぶん銀行 800万円
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
300万円
住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1,200万円
三井住友銀行 800万円
三菱東京UFJ銀行 500万円
新生銀行
(レイク)
500万円
消費者金融
プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 500万円

(2017年2月9日現在)

「スタンダードコース」は10万円以上~300万円以内の利用限度額となっており、少なめの設定となっています。

一方、「プレミアムコース」は10万円以上~1,200万円以内の利用限度額で、金利同様に破格の設定となっています。

なお、10万円単位で限度額を設定できるようになっています。


※給与所得者

○源泉徴収票(写し)

○市区町村が発行する所得証明書(写し)

○確定申告書(写し)

○給与明細(勤続年数が1年未満)(写し)

 

※個人事業主及び法人代表者の場合

○市区町村が発行する所得証明書(写し)

○納税証明書のときはその1、その2、その3(写し)

○確定申告書(付表付)(写し)

 

 

「Mr.カードローン」を申込みをする方法・審査時間

「Mr.カードローン」を申込みをする方法・審査時間

最近は消費者金融のカードローンは審査時間が最短30分ということは珍しくはありません。

また、メガバンクも審査時間が最短30分となっています。

即日融資も珍しくないのですが、「Mr.カードローン」にはこのようなスピード感がないようです。

 

申込み方法

申込み方法はインターネット(モバイルを含む)のみです。

受付時間は365日24時間になります。

審査時間がかかるため、前日の夜に申込みをしておくことをオススメします。

ネット専業銀行のため、申込みの受け付けは思い立ったらすぐにできるのはいいところです。

また、インターネットで申込みをするので、余計な書類が発生しないため手続きを手軽にできます。

 

審査時間

半日~3日程度

審査時間は平日の場合です。

土日祝日は、休みの日を除いた上記の時間を必要となります。

※審査で勤務先に確認を取る在籍確認がされます。

 

融資までの時間

審査終了後即日

住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っていない場合は、キャッシュカードの作成後に利用可能です。

キャッシュカードが、作成されるまで1週間程度かかります。

 

融資条件

原則安定した収入があり、年齢が満20歳以上66歳未満の国内に居住する個人で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(保証会社)の保証を受けられる人です。

また、住信SBIネット銀行の普通預金口座を開設している人が申込みをできます。

なお、普通預金口座を持っていない人は、カードローンと同時に申込みができます。

外国の方は永住許可を受けている人が対象です。


本人確認資料

本人確認書類として「運転免許証」「各種健康保険証」「パスポート」「個人番号カード」等が必要になります。

 

利用期間

「Mr.カードローン」は1年間の利用期間となっており、審査によって自動更新されます。

なお、利用期間が到来しても、残高がある場合は返済だけ可能となり、全額返済をする必要はありません。

 

 

「Mr.カードローン」の返済方法

「Mr.カードローン」の返済方法

「Mr.カードローン」は借入額によって返済金額が変わります。

実例をあげて説明をします。

限度額50万円の「プレミアムコース」の金利は7.99%です。

30万円を借りたときの30日間の利息は1,970円です。

 

これが「スタンダードコース」だと、金利は14.79%になります。

同じように30万円を借りると、利息が3,646円です。

利息の差が、1,676円になりますので大きな差ですね。

カードローンはやはり計画的に返済をしないと、借りたお金をなくすことはなかなかできませんので気をつけましょう。

繰上げ返済を上手に利用して、できる限り早く返済できるように、幾らずつ返済をするのか決めておくことが大事です。

 

返済額は利用残高、金利により返済額が変わってきます。

 

詳しくは下記引用の通りです。

 

<住信SBIネット銀行公式ホームページ引用>

返済額
前月末時点の貸越残高 返済額
2,000円以下の場合 前月末時点の貸越残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 11,000円
80万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超300万円以下 25,000円
300万円超400万円以下 30,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超 80,000円

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/cl_yakujo

(2017年2月9日現在)

 

上記の引用を見ると、返済額が少ないと返済に時間がかかることがよく分かると思います。

1,000,000円で15,000円の返済になります。利息を考えずに67回の返済が必要になります。

300,000円を借りると返済額が6,000円ですので、利息を考えずに50回の返済が必要です。

これでは、借りたお金がいつになったら完済するのか分かりません。

50回の返済は4年以上もかかることになりますので、その間にお金を借りることも出てくるでしょう。

そうなると、カードローンをいつまでたっても借り続けていなければなりません。

お金を借りたら、1年以内に返済が終わるように計画を立てて、随時返済を上手に利用してお得に利用しましょう。

 

「Mr.カードローン」の返済方式

「Mr.カードローン」の返済方式

「バンクイック」は約定返済日が5日と決まっています。

返済方法は「自動支払い」になっており、住信SBIネット銀行の普通預金口座から返済がされます。

ATMを利用して、「カードローン」ボタンから返済したときは、約定返済になりませんので注意をしましょう。

ATMから返済をした場合は、随時返済(カードローンの全額・一部返済)となります。

ATMで返済をしても、5日に約定返済が行われますので気をつけましょう。


利息の計算方法

月々の返済額の少ないカードローンは、毎月の返済を別途自分で計画しなければいけません。

計画をせずにカードローンを利用していると、いつまにか借りすぎになってしまっていたとなってしまいます。

返済の計画をするには、利息の計算方法を覚えておくことが必要になるでしょう。

そこで、計算式を覚えるときに下記を参考にしてください。

 

借金額×金利÷365×日数(利息を支払いするまでの日数)

※解説

金利は年利で表示がされています。

したがって、借入額に金利を乗じると1年間の利息になってしまいます。

したがって、「借金額×金利」は、借金額を1年間借り続けたときの利息になります。・・・「a」

 

1年間の利息が計算できたら、その利息を1日あたりにする必要があります。

1日分の利息を計算するため、「a」÷365で割り算をしていますが、これが1日あたりの利息です。・・・「b」

 

そして最後に返済日までの期間である日数をかけ算すると1か月分の利息になります。

例えば15日が返済日で、9月15日に約定返済をするときに利息は、8月15日から9月15日までの日数で利息を計算することになります。

そのため、この間の期間は31日になりますので、「b×31」です。

 

なお、住信SBIネット銀行のMr.カードローンは遅延損害金がかかりません。

延滞をしても、延滞を解消した日までの利息を支払うだけでいいので、とてもお得になっています。

遅延損害金がかからないからといって、毎月の返済日に返済をしないでいると、信用情報に延滞の情報が登録されますので気をつけてください。

信用情報に延滞の記録がされますと、お金を新たに借りるときに審査に通過しないこともあることを覚えておきましょう。

 

 

「Mr.カードローン」の評判

「Mr.カードローン」の評判

「Mr.カードローン」は金利が低いということが、とても評判が良い要因になっています。

利用限度額が100万円未満のカードローンで、8.0%を切る金利はとても魅力的で、金利が低いといわれて納得しない人はいないでしょう。

「スタンダードコース」の場合は、金利は特に低くないのですが、「プレミアムコース」で審査に通過した人はとてもお得になった気持ちになるようです。

また、審査はそれほど早くはないのですが、お金を借りるまでとてもスムーズだという話があります。

審査時間は最短30分という金融機関もある中、2日間程度は見てほしいという「Mr.カードローン」です。

しかし、申込みの手続きがインターネットで完結するのが、手間がかからないのでお金を早く借りることができると思わせてしまうのでしょう。

 

ネット専業銀行のペーパーレスというのは本当に大きな特徴で、良い評判を得ている原因となっています。

ネット専業銀行のほとんどに共通するのですが、印鑑が必要ないのは申込みを簡素化にしているひとつの要因でしょう。

紙に字を書く必要がなく、印鑑を押す必要がないのは、手間を考えるととても便利なことです。

また、利用限度額が1,200万円というは、大口で利用する人にとっては有り難いのではないでしょうか。

「Mr.カードローン」は低金利が特徴ですが、お金を借りるときは計画的に使いましょう。

少しでもお得にお金を借りたい人は、「Mr.カードローン」はとても魅力がある商品です。

そして、お金を借りるまでは3日程度を見ておくことをオススメします。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン