みずほ銀行カードローンの審査は厳しくない!金利・限度額などバランスの取れた内容がオススメ - 借金一本化で返済おまとめローン

みずほ銀行カードローンの審査は厳しくない!金利・限度額などバランスの取れた内容がオススメ

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンのスペック

やっぱりお得おすすめカードローン

みずほ銀行のカードローンは、メガバンクが販売している商品のため人気が高いです。

みずほ銀行というネームバリューもあり、敷居が高いカードローンと見られています。

みずほ銀行のカードローンのスペックは、金利も利用限度額も一般的な商品よりも高い設定になっています。

そのスペックの詳細をまとめましたので見ていきましょう。

 

 

みずほ銀行のカードローンとは

みずほ銀行のカードローンとは

銀行系のカードローンでも、みずほ銀行のカードローンはブランド力が高い感じがします。

大手銀行の中でも、敷居が高く手を出しにくそうですが、実はそれほど作りにくいカードローンではありません。

過去に延滞の記録がなく、クレジットカードを作ることができれば、審査に通過する可能性が十分にあります。

みずほ銀行のカードローンは、公式ホームページでもしっかりと説明がされており、特徴が明確で分かりやすい商品となっています。

 

その説明を見る限りでは、「金利」「返済額」「利用限度額」に特徴があることが分かります。

詳細は、このあとで説明をしていきますが、魅力のある商品となっています。

また、高くても金利が14.0%であるのは有り難いです。

なお、ほかの金融機関に比べると、返済金額が多いので注意が必要です。みずほ銀行のカードローンは、様々な点で最高ランクのカードローンといえます。

 

みずほ銀行カードローンに申し込みしようと思います。
現在、みずほ銀行のICキャッシュカードがあるのですが、これがある場合は新しいカードが発行されず持っているICキャッシュカードで使える
のでしょうか?
ちなみにシルバーウィークなので現在申し込んでも審査は
24日以降ですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13150502908

 

 

店舗数

みずほ銀行は国内外に店舗を構えています。

2016年6月30日現在で国内に本支店421、出張所41、海外に支店25、出張所17、駐在員事務所6、現地法人39の有人店舗があります。

国内のメガバンクでは全国の都道府県に、支店が存在しない唯一の銀行です。

 

提携ATM

ほとんどの金融機関のATMで利用ができます。

コンビニではイオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netが利用でき、ゆうちょ銀行でも利用が可能となっています。

また、大手スーパーにはみずほ銀行のATMが設置されており、全国どこでも利用ができる便利な銀行です。

 

 

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行のカードローンのメリットは、次のことがあげられます。

 

○利用限度額が1,000万円

○最高金利が低い

○元金が着実に減る

 

 

利用限度額が1,000万円

みずほ銀行カードローンは、高所得層の顧客をターゲットとしている側面があります。

最高限度額1,000万円、返済額が最低10,000円ということで、ほかの金融機関とは真逆の対応を取っています。

生活に余裕のある人が、利用するには便利な商品です。

ちょっとVIPな感じの受けるところは、このような商品内容にも出ているのではないでしょうか。

もちろん、1,000万円の申込みができる人は、最低3,000万円以上の年収と想像ができます。

ここまでの収入がある人は限られており、一般的な利用限度額は100万円もあれば十分といえません。

ただし、大口の現金が必要な人にも、手軽にお金を借りることができますので、幅広い人が利用できるカードローンといえるでしょう。

 

最高金利が低い

みずほ銀行カードローンの、最高金利は低い設定になっています。

ほかの銀行は14.5%程度の金利になっています。

この金利よりも0.5%低い金利です。

 

この0.5%の差は、500,000円を30日間借りると、205円の差になります。

1年間で2,500円の節約ができます。

消費者金融と比べると、4.0%の開きが出て、30日間で1,643円の差です。

1年間で20,000円の節約ができます。

ただし、実際には月々の返済をしますので、利息の差はここまでは出てきません。

 

元金が着実に減る

最近の銀行系カードローンは、月々の返済額を少額に設定しているところが多いです。

月々の返済額を少なくして、家計の負担を軽くする設定になっています。

しかし、この少額返済の場合は、幾ら返済をしても借りたお金が減らないという欠点があります。

 

みずほ銀行のカードローンは、この流れに逆らう形で、100,000円を借りても10,000円の返済をしなければいけません。

2,000円などの少額返済に比べると、家計のダメージがありそうですが、実は利息の負担は大きく差が出てきます。

10,000円の返済を11回すれば借金がなくなりますが、2,000円の返済では利息を考えなくても50回の返済をしなければいけません。

その間、利息を支払い続けなければいけないわけですから、大きな支払利息になってしまいます。

みずほ銀行のカードローンは、指定された返済額を入金するだけで、借金が減る仕組みになっているのです。

 

 

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンのデメリットは次の点があげられます。

 

○返済額が大きい

○みずほ銀行の普通預金が必要


上記のことが、デメリットとして考えられます。

返済額が大きいことは、月々の負担を少ないくしたい人にとっては有り難くないでしょう。

では、詳しくデメリットを見ていきましょう。

 

返済額が大きい

返済額が大きいことは、借りたお金が着実に減っていきますので、大きなメリットなのですが、生活が苦しくなったときには注意が必要です。

本当に生活が苦しいのであれば、次のような対処方法を採りましょう。

毎月の返済は遅れないように返済をしてください。

そして、大事なことが10,000円返済したからといって、10,000円を借りようなことをしないでください。

100,000円を借りた場合には、10,000円のうち1,200円程度は利息になります。

したがって、10,000円を返済したからといって、10,000円を借りると1,200円の借金が増えてしまいます。

そこで、お金を借りるときには8,000円以内で収まるようにするといいでしょう。

 

みずほ銀行の普通預金が必要

みずほ銀行のカードローンは、返済するときに必ずみずほ銀行の普通預金が必要になります。

したがって、みずほ銀行のカードローンの申込みをするには、普通預金がない人は同時に普通預金を申込みする必要があります。

また、キャッシュカードにカードローンの機能が付加されますので、必ず普通預金の口座が必要です。

なお、普通預金ができるまで、2週間程度の時間を見ておくと良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの金利

まずは金利をほかの金融機関と比べてみましょう。

  金融機関 金利 遅延損害金

銀行

楽天銀行 1.9~14.5% 19.90%
じぶん銀行 1.7~17.4% 18.00%
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
8.99~14.79

なし

住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1.59~7.99%
みずほ銀行 金利年2.0~14.0% 19.90%
三井住友銀行 4.0~14.5% 19.94%
三菱東京UFJ銀行 1.8~14.6% 1.80~14.60%
新生銀行
(レイク)
4.5~18.0% 20.00%

消費者金融

プロミス 4.5~17.8% 20.00%
アコム 3.0~18.0% 20.00%
アイフル
(キャッシング)
4.5~18.0% 20.00%
アイフル
(カードローン)
4.5~9.5% 20.00%
信販会社 オリコCREST 4.5~18.0% 18.00%

※みずほ銀行カードローンは変動金利となっています。※金利、遅延損害金は2017年2月現在の実質年率です。(2017年2月10日現在)

 

また、みずほ銀行で住宅ローンを利用している人は、カードローンの金利が-0.5%になります。

 

上限金利の比較

みずほ銀行に住宅ローンの契約をしている人は、-0.5%になりますのでお得に利用ができます。

上限金利は銀行系の中でも低い設定となっていますが、ずば抜けているわけではありません。


三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行と比較してみましょう。

限度額 みずほ銀行 楽天銀行 住信SBIネット銀行
(スタンダードコース)
住信SBIネット銀行
(プレミアムコース)
10万円以上~100万円以下 14.0%
(100万未満)
0.145 14.79% 7.99%
100万円超~200万円以下 12.0%
(200万未満)
9.6%~14.5% 11.99% 6.39%~6.99%
200万円超~300万円以下 7.0若しくは9.0%
(300万未満)
6.9%~14.5% 8.99% 5.29%~5.99%
300万円超~400万円以下 6.0若しくは7.0%
(400万未満)
4.9%~12.5%
(300万円以上350万円未満)
なし
4.99%
400万円超~500万円以下 5.5若しくは6.0%
(500万未満)
4.9%~8.9%
(350万円以上500万円未満)
500万円以上~600万円未満 5.5若しくは5.0% 4.5%~7.8%
3.99%
(500万円超~700万円以下)
600万円以上~700万円未満 4.50% 3.0%~7.8%
700万円以上~800万円未満 4.50% 3.0%~7.8% 2.99%
(700万円超~900万円以下)
800万円以上 3.5若しくは4.0% 1.9%~4.5% 2.49%
(900万円超)

(2017年2月10日現在)

 

住信SBIネット銀行の金利は特別低い設定になっていますが、「プレミアムコース」にならなければみずほ銀行カードローンがお得になるのが分かります。

同じメガバンクでも、三菱東京UFJ銀行よりもみずほ銀行カードローンがお得なことも分かりますし、何よりも全国どこでも支店があるのは安心できます。

 

下限金利の比較

10,000円の返済が無理なくできる人であれば、みずほ銀行はお得に利用ができるでしょう。

 

借入金額別の適用金利

限度額 みずほ銀行
10万円以上~100万円以下 14.0%
(100万未満)
100万円超~200万円以下 12.0%
(200万未満)
200万円超~300万円以下 7.0若しくは9.0%
(300万未満)
300万円超~400万円以下 6.0若しくは7.0%
(400万未満)
400万円超~500万円以下 5.5若しくは6.0%
(500万未満)
500万円以上~600万円未満 5.5若しくは5.0%
600万円以上~700万円未満 4.50%
700万円以上~800万円未満 4.50%
800万円以上 3.5若しくは4.0%

(2017年2月10日現在)

 

みずほ銀行カードローンの金利は、当たり障りのない設定になっています。

特別高くもなく、低くもない金利です。

カードローンは短期融資(1年以内の融資)という考えもあるため、利用のしやすい商品設計になっているのでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの限度額

限度額をまずはほかの金融機関と比べてみましょう。

  業者名 限度額
銀行
楽天銀行 800万円
じぶん銀行 800万円
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
300万円
住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1,200万円
みずほ銀行 1,000万円
三井住友銀行 800万円
三菱東京UFJ銀行 500万円
新生銀行
(レイク)
500万円
消費者金融
プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 500万円

(2017年2月10日現在)

 

みずほ銀行の利用限度額は1,000万円となっています。

住信SBIネット銀行の1,200万円より少ないのですが、高額所得者に対応したカードローンになっています。

なお、100万円以上の利用限度額は、インターネットの申込みでは50万円刻みです。

そして、店頭申込みは100万円刻みの利用限度額で申込みができます。

また、100万円未満の利用限度額は10万、20万、30万、50万円から選択できます。

※給与所得者

○源泉徴収票(写し)

○住民税決定通知書又は課税証明書(写し)

○納税証明書(その1・その2)(写し)


※個人事業主及び法人代表者の場合

○住民税決定通知書又は課税証明書(写し)

○納税証明書(その1・その2)(写し)

 

 

みずほ銀行カードローンの申込みをする方法・審査時間

みずほ銀行カードローンの申込みをする方法・審査時間

最近は消費者金融のカードローンは審査時間が最短30分ということは珍しくはありません。

また、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行も審査時間が最短30分となっています。

みずほ銀行の審査結果も最短30分となっており、ほかのメガバンク同様にスピード審査です。

 

申込み方法

「電話」「インターネット」「郵送」「店頭窓口」で申込みができます。

「インターネット」による申込みは、24時間の申込みが可能です。

早く融資を受けるには、まずは申込時間をいかに早くするかが重要です。

なお、普通預金口座を保有していない人は、2週間前後の時間を見ておきましょう。

不明な点があれば、みずほ銀行のフリーダイヤル「0210-324-555」に電話をすると丁寧に教えてくれます。


審査時間

スピード審査となっていますが、普通預金がない場合は遅くなります。

また、混雑具合により審査が長くなるともあるようです。

混雑具合によっては、翌営業日から2営業日の審査時間を見ておくと良いでしょう。


※審査で勤務先に確認を取る在籍確認がされます。

 

融資までの時間

普通預金をあらかじめ持っている場合は、審査終了後すぐに利用可能です。

普通預金を保有していない場合は、カードローンは審査終了後に、カードが自宅に届いてから利用が可能になります。

カードは10日程度で自宅に届くようです。

カードが到着したら、お金を借りることができます。

 

融資条件

原則安定した収入があり、年齢が満20歳以上66歳未満の国内に居住する個人で、株式会社オリエントコーポレーション(保証会社)の保証を受けられる人です。

また、みずほ銀行の普通預金口座を開設している人が申込みをできます。

なお、普通預金口座を持っていない人は、カードローンと同時に申込みができます。

外国の方は永住許可を受けている人が対象です。


本人確認資料

本人確認書類として「運転免許証」「各種健康保険証」「パスポート」「個人番号カード」等が必要になります。


利用期間

1年間の利用期間となっており、審査によって自動更新されます。

なお、利用期間が到来しても、残高がある場合は返済だけ可能となり、全額返済をする必要はありません。

ただし、みずほ銀行が特に認める場合を除き、満70歳以上での更新はしません。


自動貸越機能

「キャッシュカード兼用型」の場合に、機能を選択すると利用できます。

普通預金からお金を引き落としするときに残高が足りなければ、利用限度額内で自動的に不足額分をカードローンから借りる機能です。

 

 

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行のカードローンは借入額によって返済金額が変わります。

ただし、ほかの金融機関と大きく異なる点は、返済額が最低1万円になっている点です。

返済額を自分で管理をしなくても、みずほ銀行で指定している金額を返済すれば借金が減りますので、返済計画を色々と立てなくても安心して利用ができます。

 

詳しくは下記引用の通りです。

 

<みずほ銀行公式ホームページ引用>

(1)2012 年 7 月 31 日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつご利用限度額
(変更 を行った場合は変更後のものとします)が 200 万円以上の場合
<残高スライド方式>  
前月 10 日のご利用残高 毎月のご返済額
1 万円未満 前月10日現在のご利用残高
1 万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
以降、100万円を増額した幅ごと 2万円に1万円ずつ加算した金額
   
(2)上記(1)に該当しない場合
<残高スライド方式>  
前月10日のご利用残高 毎月のご返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2 万円
以降、50 万円を増額した幅ごと 2万円に1万円を加算した金額

https://www.mizuhobank.co.jp/setsumeisho/pdf/card.pdf

(2017年2月10日現在)

 

みずほ銀行は、少額で利用すると返済が多くなりますが、利用限度額が200万円未満の人で、50万円を借りても返済額が10,000円のため50回の返済が必要です。

この点は、気をつけなければいけない点です。

借りたお金によっては、返済金額が少ないこともありますので、しっかりと借りたお金に見合った返済金額を計画できるようになりましょう。

借りたお金に見合った返済額というのは、1年以内できれば半年で返済が終わることができる金額です。

月々の返済額の大きいと思われるみずほ銀行ですが、それでも借りている金額によっては、返済額が少なくなることがあります。

なかなか借金が減らないときには、返済額の見直しをして随時返済を利用する必要が出てきます。

 

 

みずほ銀行カードローンの返済方式

みずほ銀行カードローンの返済方式

みずほ銀行カードローンは約定返済日が10日と決まっています。

返済方法は「自動支払い」になっており、みずほ銀行の普通預金口座から返済がされます。

ATMを利用して、「カードローン」ボタンから返済したときは、約定返済になりませんので注意をしましょう。

ATMから返済をした場合は、随時返済(カードローンの全額・一部返済)となります。

ATMで返済をしても、10日に約定返済をしなければいけませんので気をつけましょう。

 

利息の計算方法

カードローンを利用するうえで、利息の計算方法を知っておくと役に立ちます。

借金の返済計画を立てるときに、毎月どの程度元金が減っているのか把握をすることが大事でしょう。

そこで、利息の計算方法を説明しますので、返済計画を立てるときの参考にしてください。

 

借金額×金利÷365×日数(利息を支払いするまでの日数)

※解説

表示されている金利は、1年間お金を借り続けたときに支払わなければいけない、いわゆる1年分の利息を求めるための利率です。

そのため、「借金額×金利」は1年分の利息を計算していることになります。・・・「a」

 

月々の返済をするときには、1日あたりの利息が必要になります。

そのため、「a」÷365で割り算をしていますが、これが1日あたりの利息です。・・・「b」

 

そして最後に返済日までの期間である日数をかけ算すると1か月分の利息になります。

例えば、返済日が20日で6月20日の返済日の利息は、5月20日から6月20日の日数で求めることになります。

5月20日から6月20日までの日数は30日です。

したがって、「b×30」が1ヵ月の利息になります。

 

遅延損害金の計算方法

返済期日に返済をしないときに、遅延損害金を取られてしまうので注意をしてください。

延滞をすると延滞日の元金に対して、みずほ銀行では遅延損害金がかかります。

遅延損害金の計算方法を覚えておきましょう。

 

残元金×遅延損害金利率÷365×日数(利息を支払いするまでの日数)

※解説

「残元金×遅延損害金利率」は、1年分の損害金になります。・・・「a」

延滞をした日に800,000円を借りていたとしたら、800,000×19.90%が1年分の損害金になります。

19.90%はみずほ銀行の遅延損害金利率です。

 

このあとに「a」÷365で割り算をしていますが、これは1日あたりの利息です。・・・「b」

先ほどの例に照らし合わせると、159,200円が800,000円を1年間借り続けた場合の損害金です。

したがって、1日あたりの損害金は「159,200÷365」で436円になります。

 

そして最後に返済日までの期間である日数をかけ算すると1か月分の損害金になります。

毎月15日が返済日で5月15日に延滞をして、6月1日に延滞を解消した場合は17日の遅延損害金が発生します。

この場合は「b×17」になります。

436円が1日あたりの利息になるときは、「436×17」で7,412円が遅延損害金になります。

 

 

みずほ銀行カードローンの評判

みずほ銀行カードローンの評判

大手銀行のため安心で、対応が丁寧であるという評判がみずほ銀行には多いようです。

また、審査に通過するか心配していた人でも、借りることができたということもあるようです。

みずほ銀行と聞くと、審査が厳しいと思うかもしれませんが、ほかの銀行とそれほど代わりはないでしょう。

また、色々な金融機関に電話をしてましたが、電話応対は一番丁寧で分かりやすい説明をしてくれました。

コールセンターの職員に対して、しっかりと訓練を行なっているのが伺え、職員の質がとても良かったです。

みずほ銀行はブランドイメージがあり、商品内容だけではなく対応について高品質を保っているといえます。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン