アイフルの金利は高い?実は銀行に引けを取らないカードローン - 借金一本化で返済おまとめローン

アイフルの金利は高い?実は銀行に引けを取らないカードローン

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンのスペック

やっぱりお得おすすめカードローン

2010年6月18日に貸金業法が改正され、過払い金請求などで経営が悪化した多くの消費者金融は、メガバンクの傘下になりました。

そのような中、アイフルはグループに傘下することなく、単独で経営をしている消費者金融です。

そして、アイフルはカードローンと、キャッシングを明確に分けて、ふたつの商品として販売しています。

 

アイフルのカードローン(キャッシング)とは

アイフルのカードローン(キャッシング)とは

アイフルは一時期厳しい取立て、強制的な勧誘を行うことで、被害者団体ができて問題になりました。

その後、金融庁の指導もあり、健全な会社運営をしています。

今の時代で必要以上の取立てや、嫌がらせは金融庁に報告をすると、すぐに業務停止命令が出ます。

したがって、強行的な取立てはできないのです。

アイフルも行政指導が入ったことで、企業体質を見なおしがされました。

しっかりと適切な事務で、ローンの管理を行っています。

そして、冒頭でも話をしたとおり、ほかの消費者金融がメガバンク傘下になってます。

 

そんな中、アイフルはどこの傘下にも入ることなく、独自路線を貫いている企業です。

また、消費者金融では珍しい、カードローンという商品も発売しています。

一般的なキャッシングと、「ファーストプレミアムカードローン」という魅力のある商品をそろえています。

このような、企業努力をしてほかの消費者金融と、差別化を図っているのです。

また、消費者金融のカードローンと聞くと、金利が高いイメージもあります。

しかし、アイフルの金利は銀行の金利にひけをとらない設定となっています。

その内容を詳しく理解をすることで、お金をお得に借りることができるでしょう。

カードローンを検討するときの、ひとつの目安にしてください。

 

この間、アイフルの審査が通りました。
そして店頭でカードをもらい
自宅に帰宅後、ホームページで
口座登録をしました。

どうしたら借入ができるか
どなたか教えてくださいm(._.)m

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170220015

 

 

店舗数

全国主要都市 910店舗

 

提携ATM

アイフルが提携しているATMは下記引用のとおりです。

アイフルのATMを利用すると無料ですが、提携銀行などのATMなどを利用すると手数料がかかりますので注意をしてください。

なお、手数料は「借入」「返済」ともにかかります。

その際の手数料は利用金額によって異なりますので注意をしましょう。

 

 

<アイフル公式ホームページ引用>

提携先CD/ATM利用手数料      
お取引金額 入金 出金      
1万円以下 108円 108円      
1万円超 216円 216円      
提携先CD/ATM(マルチメディア端末含む※)にて、お取り引きの都度、手数料が発生します。
※Loppi・Famiポート
出金時の手数料は、次回入金時にご精算いただきます。
一部お取り引きの内容により、手数料をご負担いただかない場合もございます。

アイフルATMは引き続き手数料無料でお取り引きいただけます。

 

お借入れ・ご返済が可能な提携先
セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、三井住友銀行、イーネットATM、親和銀行

※イーネットATMは、主に、ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなどに設置してあります。

 

お借入れが可能な提携先
福岡銀行、熊本銀行

 

ご返済が可能な提携先

ファミマFamiポート、ローソンLoppi

 

https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PF40H010

(2017年2月11日現在)

アイフル公式サイトはこちら

 

アイフルカードローンのメリット

アイフルカードローンのメリット

アイフルのカードローンのメリットは、次のことがあげられます。

 

○金利が低い

○すぐに利用ができる

○女性専用のコールセンターがある

 

アイフルのキャッシングで大きな特徴は金利になります。

ホームページの金利の幅を見ると、4.50%~18.0%とほかの消費者金融系のカードローンと変わりがありません。

しかし、アイフルにはふたつの商品があるということが、大きく変わる点です。

そして、ほかの消費者金融同様に、すぐにお金を借りることができます。

 

金利が低い

ほかの消費者金融と金利の見栄えは変わりはありません。

消費者金融のキャッシングは、初めて利用するときには、最高金利から始まるのが普通です。

利用をしているうちに、金利が下がってきます。

しかし、アイフルのキャッシングに申込みをすると、審査によって金利が決定されます。

50万円のキャッシングでも、18.0%の人もいれば、14.0%の人もいるようです。

 

これは、ほかの消費者金融系カードローンには見られないことです。

また、アイフルは「ファーストプレミアムカードローン」という、アイフルを初めて利用する人専用の商品があります。

アイフルを初めて利用する人は、こちらの商品を先に申込みすることをオススメします。

これは、最低極度額が100万円となっていますので、最初から100万円のカードローンを作りたい人向けです。

 

すぐに利用ができる

アイフルはほかの消費者金融同様に、すぐにお金を借りられることは有り難いです。

手軽に借りられ、初めて利用する人は30日間無利息というのは、ちょっとした出費のときに利用するのはよいでしょう。

消費者金融はこの手軽さが売りともいえます。

最短30分審査、ローン契約機でカードを受け取りできる。

これらのことは、スピーディーでかつ、内緒でお金を借りられるメリットがあるでしょう。

 

女性専用のコールセンターがある

アイフルは女性専用のコールセンターがあります。

女性の場合、困っているときに、男性に相手にされるよりも、女性から丁寧に教わりたいとという場合は、女性専用のコールセンターに電話をしましょう。

申込みも女性専用のコールセンターから手続きができて、安心して分からないことを質問できるのは嬉しいサービスですね。

アイフルではこのようにきめ細やかな対応をしています。

 

 

アイフルカードローンのデメリット

アイフルカードローンのデメリット

アイフルカードローンのデメリットは次の点があげられます。

 

○消費者金融である

 

消費者金融でお金を借りることは、決して悪いことではありません。

アイフルのカードローンは、デメリットらしいものが余り見当たらず、あえてデメリットとあげる程度のものです。

 

消費者金融である

消費者金融だけではなく、銀行系のカードローンは、住宅ローンやマイカーローンを借りるときに、保有をして利用していると審査に影響があるといわれています。

これは、キャッシングやカードローンは、給与で生活費が足りないときに、利用をする代物だからです。

給料が生活費をまかなえていない可能性を、疑われることがあります。

収入が生活に追いついていなければ、お金を貸しても返済がされないリスクが高くなると判断されます。

 

特に、カードローンの残高が慢性化してれば、所得が完全に足りないことを意味してしまいます。

しかし、きちんと返済をして延滞がなく、借入残高も減少をしているのであれば問題はないでしょう。

住宅ローンの審査といえども、通過をする可能性はあります。

借りたときにしっかりと、返済計画を立てるということが大事になります。

アイフル公式サイトはこちら

 

アイフルカードローンの金利

アイフルカードローンの金利

まずは金利をほかの金融機関と比べてみましょう。

金融機関 金利 遅延損害金

銀行

楽天銀行 1.9~14.5% 19.90%
じぶん銀行 1.7~17.4% 18.00%
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
8.99~14.79

なし

住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1.59~7.99%
三井住友銀行 4.0~14.5% お借入残高に対し年19.94%
三菱東京UFJ銀行 1.8~14.6% 1.80~14.60%
新生銀行
(レイク)
4.5~18.0% 20.00%

消費者金融

プロミス 4.5~17.8% 20.00%
アコム 3.0~18.0% 20.00%
アイフル
(キャッシング)
4.5~18.0% 20.00%
アイフル
(カードローン)
4.5~9.5% 20.00%
信販会社 オリコCREST 4.5~18.0% 18.00%

※金利、遅延損害金は2017年2月現在の実質年率です。

(2017年2月11日現在)

 

アイフルは先ほども話をしましたが、キャッシングとカードローンのふたつがあります。

「ファーストプレミアムカードローン」は100万円以上のときに利用ができます。

審査を受けて通過する自信がある人は、「ファーストプレミアムカードローン」の申込みをした方がお得です。

キャッシングは審査で金利が決定されることから、実際に申込みをしてみないと金利は分かりません。

低い金利になる可能性もあるアイフルは、お得にお金を借りられる可能性がある消費者金融です。


上限金利の比較

「ファーストプレミアムカード」で9.5%の金利はとても魅力があります。

100万円以上のときに適用されますが、10%を切る金利は銀行系でも珍しいです。

また、キャッシングは18.0%になっていますので、ほかの消費者金融と同様の金利となっています。

しかし、アイフルの金利は審査によって変わってきます。

一般的な消費者金融のような、利用限度額にあわせた段階金利ではありません。

 

三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行と「ファーストプレミアムカードローン」を比較してみましょう。

限度額 三菱東京UFJ銀行 アイフル
(ファーストプレミアムカードローン)
住信SBIネット銀行
(スタンダードコース)
住信SBIネット銀行
(プレミアムコース)
10万円以上~100万円以下 12.6%~14.6% なし 14.79% 7.99%
100万円超~200万円以下 9.6%~12.6% 4.5%~9.5% 11.99% 6.39%~6.99%
200万円超~300万円以下 7.1%~9.6% 4.5%~8.5% 8.99% 5.29%~5.99%
300万円超~400万円以下 6.1%~7.1% 4.5%~6.5%
なし
4.99%
400万円超~500万円以下 1.8%~6.1% 4.5%~5.5%
500万円以上~600万円未満
なし
なし
3.99%
(500万円超~700万円以下)
600万円以上~700万円未満
700万円以上~800万円未満 2.99%
(700万円超~900万円以下)
800万円以上 2.49%
(900万円超)

(2017年2月11日現在)


消費者金融のキャッシングは、利用期間が長く、正常に利用している人は金利を引き下げます。

したがって、いずれは銀行のカードローンを利用するよりも、実はお得にお金を借りることができるのです。

そして、アイフルの場合は「ファーストプレミアムカードローン」というものがあり、そちらは銀行と比較しても遜色がないことが分かるでしょう。

むしろ、金利が低いことが分かります。


下限金利の比較

キャッシングと「ファーストプレミアムカードローン」ともに4.5%の金利となっています。

下限の金利は、1%台のところもありますので、特別低い金利ではなさそうです。

ただし、利用限度額が低くても4.5%になる可能性がありますので、全体的に見ると金利が低いと判断できます。

 

借入金額別の適用金利

限度額 アイフル
(ファーストプレミアムカードローン)
10万円以上~100万円以下 なし
100万円超~200万円以下 4.5%~9.5%
200万円超~300万円以下 4.5%~8.5%
300万円超~400万円以下 4.5%~6.5%
400万円超~500万円以下 4.5%~5.5%

(2017年2月11日現在)

 

アイフルの金利は審査をしてもらわない限り、正確な金利がつかめません。

上記の表は「ファーストプレミアムカードローン」の金利になりますが、やはり限度額内に金利の幅があります。

審査をしてもらって、初めて金利がはっきりとするところがありますので、申込みをするにもちゅうちょしてしまいやすいでしょう。

アイフルカードローンの限度額

限度額をまずはほかの金融機関と比べてみましょう。

  業者名 限度額

銀行

楽天銀行 800万円
じぶん銀行 800万円
住信SBIネット銀行
「スタンダードコース」
300万円
住信SBIネット銀行
「プレミアムコース」
1,200万円
三井住友銀行 800万円
三菱東京UFJ銀行 500万円
新生銀行
(レイク)
500万円

消費者金融

プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 500万円

(2017年2月11日現在)

アイフルの利用限度額はキャッシング、「ファーストプレミアムカードローン」ともに500万円となっています。

消費者金融は1,000万円などの大口の融資に適していません。

 

○源泉徴収票(写し)

○住民税決定通知書(写し)

○確定申告書(写し)

○所得証明書(写し)

○給与明細書直近2か月分(写し)

アイフル公式サイトはこちら

 

アイフルカードローンの申込みをする方法・審査時間

アイフルカードローンの申込みをする方法・審査時間

最近は消費者金融のカードローンは審査時間が最短30分ということは珍しくはありません。

このアイフルも例外なく、審査時間は最短30分となっています。

申込み内容や、審査時間を詳しく見ていきましょう。

 

申込み方法

「インターネット」「電話」「来店」で申込みができます。

コールセンターは「0120-201810」若しくは、女性専用が「0120-201884」になります。

9時前にインターネットで申込みをして、電話をするとスムーズです。

 

審査時間

最短30分


混雑具合により審査が長くなるともあるようです。

先ほど話をしたとおり、9時前にインターネットで申込みをして、電話をすると審査が早くなります。

※審査で勤務先に確認を取る在籍確認がされます。

 

融資までの時間

カードローンの契約完了後、近隣の無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取りましょう。

受け取ったカードを利用すると、お金を借りることが可能です。

 

融資条件

キャッシングは、20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力がある人で、アイフルの基準を満たす人が条件です。

「ファーストプレミアムカードローン」は、23歳以上59歳以下の安定した収入と返済能力がある人で、アイフルの基準を満たす人が条件となります。

 

本人確認資料

本人確認書類として「運転免許証」が原則必要です。

「運転免許証」ない場合は、「公的証明書類」「パスポート」「個人番号カード」「在留カード」「特別永住者証明書」「「住民基本台帳カード」等が必要になります。

本人確認書類に記載の住所が、現在の住所と異なる場合は、公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)、住民票の写し、印鑑証明書等が必要です。

 

利用期間

1年間の利用をしなければ、自動解約されます。

なお、利用期間が到来しても、残高がある場合は返済だけ可能となり、全額返済をする必要はありません。

 

 

アイフルカードローンの返済方法

アイフルカードローンの返済方法

アイフルのカードローンは借入額によって返済金額が変わります。

なるべく、返済額を自分で管理をして、早めに返済をするように気をつけてください。

消費者金融の中では返済金額が少ないのが、アイフルのキャッシングです。

家計の負担が少なく、楽に返済ができるのではないでしょうか。


詳しくは下記引用のとおりです。

引用元:アイフル公式ホームページ

借入直後残高
返済金額
サイクル制 約定日制
1円 100,000円 5,000円 4,000円
100,001円 200,000円 9,000円 8,000円
200,001円 300,000円 13,000円 11,000円
300,001円 400,000円 13,000円 11,000円
400,001円 500,000円 15,000円 13,000円
500,001円 600,000円 18,000円 16,000円
600,001円 700,000円 21,000円 18,000円
700,001円 800,000円 24,000円 21,000円
800,001円 900,000円 27,000円 23,000円
900,001円 1,000,000円 30,000円 26,000円
1,000,001円 3,000,000円
1,000円ずつ加算
は10万円毎
3,000,001円 3,100,000円 51,000円 47,000円
3,100,001円 4,900,000円
1,000円ずつ加算
は10万円毎
4,900,001円 5,000,000円 70,000円 66,000円

http://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PE11H900

アイフル公式サイトはこちら

 

アイフルカードローンの返済方式

アイフルカードローンの返済方式

アイフルの返済方法はふたとおりあります。自分の都合のよい毎月一定の返済日か、35日サイクル制にするか選択します。

サイクル制は返済日の翌日から35日後が次回返済日となります。

なお、「ATM」「振り込み」「口座振替」で返済ができます。

提携先ATM、コンビニを利用の場合は、手数料が必要になりますので注意をしましょう。

 

利息の計算方法

アイフルの金利はカードロ-ンでも最も高いと言われている消費者金融のものです。

そのため、どの程度の利息を支払っているのか、しっかりと把握しておくことをオススメします。

 

借金額×金利÷365×日数(利息を支払いするまでの日数)

※解説

金利はお金を1年間借り続けたときの利息です。

そのため、「借金額×金利」は、1年分の利息になります。・・・「a」

 

利息は1か月ごとに計算がされます。

1か月の利息は日数を割り出さないと、計算ができません。

そこで、「a」÷365で割り算をしていますが、これが1日あたりの利息です。・・・「b」

 

そして最後に返済日までの期間である日数をかけ算すると1か月分の利息になります。

例えば、毎月20日の返済日で、8月20日に支払う利息は、7月20日から8月20日の期間で利息を計算する必要があります。

1か月30日の場合は、「b×30」になります。

 

遅延損害金の計算方法

返済期日に返済をしないときに、遅延損害金を取られてしまうので注意をしてください。

消費者金融は通常金利も高いのですが、遅延損害金利率も20%になっていますので、延滞をしないようにしてください。

 

遅延損害金は、次の計算になります。

残元金×遅延損害金利率÷365×日数(利息を支払いするまでの日数)

※解説

延滞をすると、延滞をした元金にたいして遅延損害金が取られるのではなく。

そのときの残高に対して遅延損害金がかかってきます。

 

「残元金×遅延損害金利率」は、1年分の利息になります。・・・「a」

※遅延損害金利率は、1年間延滞をしていた場合の利率です。

 

このあとに「a」÷365で割り算をしていますが、これは1日あたりの利息です。・・・「b」

※1年分の遅延損害金を1日あたりに計算し直しています。

 

そして最後に延滞を解消した日までの期間である日数をかけ算すると遅延損害金が求められます。

例えば11月15日の支払日に延滞をして、11月18日に返済をした場合は3日の遅延損害金がかかります。

そのため「b×3」です。

 

 

アイフルカードローンの評判

アイフルカードローンの評判

アイフルのキャッシングの評判は、意外といい評判が多いようです

悪い評判では、根掘り葉掘り聞かれたとか、審査に時間がかかったという声もありました。

消費者金融が金利を最高金利で貸出しをしないためと考えると、少しの窮屈さがあっても仕方がないかもしれませんね。

なお、評判がいいというのは、審査が早いことが高評価でした。

 

消費者金融は審査が早いのですが、アイフルのキャッシングは金利が消費者金融よりも安くなる可能性があるため人気があるようです。

消費者金融は「イメージ」「経営」が悪化して、メガバンク傘下になったところが多いです。

しかし、アイフルのキャッシングは独自路線を歩んでいます。

質をあげなければ生き残っていけないということで、経営改善をしているのでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン