おまとめローン審査に勤続年数はどう影響するの?何年あれば審査に通るの? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローン審査に勤続年数はどう影響するの?何年あれば審査に通るの?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

おまとめローンを契約してローンを一つにまとめるためには、当然ながら各金融期間が実施しているおまとめローン審査に通過をする必要があります。

おまとめローンは無担保ローンということで、申込者の信用情報などについてしっかりと確認が行われることが考えられますし、多くのローン審査で現在の勤務先での在籍年数が重要視されるのと同様に、おまとめローン審査においても、勤続年数は重要なポイントになると考えられます。

具体的に現在の勤務先での勤続年数がおまとめローン審査にどう影響するのかなどについて、解説を行っていきたいと思います。

 

 

勤続年数はおまとめローン審査にどう影響するの?

考察する女性

 

まず最初に結論を申し上げますと、おまとめローン審査においても、現在の勤務先での勤続年数がどのくらいなのかということは、重要なポイントとなり、勤続年数が長ければそれだけ審査が有利になりますし、逆に極端に短い場合などには、審査通過は非常に難しいものとなってしまいます。

 

おまとめローンは担保や保証人を必要としない無担保ローンであるため、多くの人が気軽に申込みができ、審査のスピードも早いという利点がありますが、担保や保証人を取らない分、「この人に融資をしても本当に大丈夫か」ということを確認するために、金融機関が細かな審査を行います。

一つの勤務先に長く勤めていれば、簡単に仕事をやめてしまうリスクが低いと考えられますし、昇給なども考えられ、より「融資をしても大丈夫だ」と金融機関が判断するため、現在の勤務先での勤続年数は審査の際に注目されることとなるのです。

 

それでは具体的にどのくらいの勤続年数があればおまとめローン審査を通過できるのかといいますと、一年以上の勤続年数があれば比較的安心して申込みが出来ると考えられます。

おまとめローン商品によって審査基準は異なりますし、勤続年数だけに注目して審査を行っているわけではありませんが、一般的な勤め人であれば、一年以上の勤続年数があれば、勤続年数が原因で審査に落とされることはないと考えられます。

 

それでは、もしも現在の勤務先での在籍年数が一年未満である場合、おまとめローン審査通過は無理なのか、というと、必ずしもそうではありません。

おまとめローン審査における勤続年数のギリギリのボーダーラインは半年間であることが多いので、勤続年数が一年未満であっても半年以上あり、尚且つ勤続年数以外の審査項目(例えば職業でや年収など)で高評価を得ることができれば、おまとめローン審査は通過できると考えられるのです。

実際に審査を受けてみないとわからない部分はありますが、勤続年数が一年未満半年以上という場合は、審査が通過できる見込みがあるので、積極的におまとめローンに申込みをしてみることをお薦めします。

一方で、現在の勤務先での勤続年数が半年にも満たないという場合には、残念ながらおまとめローン審査を通過できる見込みは殆どないと考えられます。

おまとめローン申込みを行うよりも、まずは現在の勤務先での勤続年数を最低でも半年となるように勤務をし続けることが重要だといえるでしょう。

 

 

勤続年数が少なくても審査を通過しやすいおまとめローンって?!

家計簿をつける女性

 

現在の勤務先での勤続年数が一年未満半年以上というのが最も微妙なケースであり、申込みをしてみなければどうなるかわからない、ということは先程触れましたが、このように比較的勤続年数が短い場合には、どのようなおまとめローンを選んで申込みをすれば良いのか、ということについて解説をしていきます。

 

おまとめローンは、プロミスやアイフルといった消費者金融機関のおまとめ専用ローンを利用する場合と、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合が主流となっていますが、勤続年数が短い場合には、消費者金融機関のおまとめ専用ローンに申込みをすることをお薦めします。

 

一般的に消費者金融機関のローン商品よりも銀行のカードローンの方が厳しく審査がされることが多く、銀行カードローンでは勤続年数が一年以上でなければ審査通過が難しいとされていることが多くなっているのです。

一方で大手消費者金融機関のおまとめ専用ローンの場合、勤続年数が一年未満でも審査は通過可能とされています。

つまり、勤続年数が比較的少なく、イチかバチかの申込みをする場合には、大手消費者金融機関のおまとめ専用ローンに申込みをしたほうが審査通過の可能性が高いと言えるのです。

 

なお、勤続年数が短いけれど、銀行のカードローンをおまとめローンとして、どうしても利用したい、という場合には、りそな銀行のクイックカードローンへ申込みをすると良いでしょう。

りそな銀行のクイックカードローンは、銀行のカードローンとしては珍しく、現在の勤務先での勤続年数は不問とされているのです。

たとえ勤続年数が少なくても、りそな銀行のクイックカードローンであれば、審査を通過できる可能性があると考えられるのです。

 

 

まとめ

 

おまとめローン審査においても、一般的なローン審査と同様に、現在の勤務先での勤続年数は重要視されていますし、一般的な勤め人であればできれば、一年以上の勤続年数を積み上げてから申込みをすることで、審査が通過しやすくなると考えられます。

 

もしも勤続年数が一年に満たない場合でも、半年以上の勤続年数があれば審査を通過できる見込みがあるので、申込みをしてみると良いでしょう。

現在の勤務先での勤続年数が半年未満という場合には、おまとめローン審査通過は非常に厳しいので、もっと勤続年数を増やしてから申込みをすることをおすすめします。

借金一本化の審査対策についてはこちらも参考にして下さい。借金一本化で返済おまとめローン【メリット・デメリットと審査対策】






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローン比較ランキング

おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン