審査に落ちた!おまとめローンに通らない原因と再チャレンジ対策 - 借金一本化で返済おまとめローン

審査に落ちた!おまとめローンに通らない原因と再チャレンジ対策

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンの基礎

やっぱりお得おすすめカードローン

多重債務に苦しむ人の救世主とも言うべきおまとめローンですが、なかなか審査も厳しく、必ず契約できるとは限りません。

審査に落ちた原因は何だったのでしょうか?

また、次のローンの申し込みのために、どのような対策をすればよいのでしょうか?

今回は様々なケースを検証し、原因と対策について見ていきましょう!

 

審査落ちの原因!おまとめ希望⇒希望融資額が高額に⇒審査が厳しくなる

審査に落ちてがっかりする様子

 

通常のローンもおまとめローンも、審査の内容に大きな違いはありません。

勤務先はどこか、年収はどのくらいか、他に借り入れはいくらあるのか、といった内容です。

ただしおまとめローンは高額の借り入れになりやすいので、

通常のローンよりもかなり厳しい基準で審査を行う項目があります。

それを踏まえた上で、おまとめローンに落ちてしまうケースをピックアップしてみました。

 

・重要度★★★☆☆ 年収が基準に満たない(または不安定)

金融機関が最も重視するのは、何と言っても利用者の返済能力です。

先に述べましたが、

おまとめローンはその性質上、高額融資になりやすいので、返済能力に欠ける方は難しいでしょう。

 

・重要度★★★★☆ 過去に不利な記録がある

以前に延滞などの金融事故を起こしてしまった場合、通常のローン以上に審査で不利になってしまいます。

高額融資のプランになるので、少しでも信用に傷のある人は敬遠されがちです。

 

・重要度★★★★★ 他金融機関の借り入れ数が多すぎる

おまとめの審査で不利になるのは、借り入れ額の高さよりも、借り入れ先の金融機関の多さです。

一般的には、審査に通るのは3機関まで。5機関を超える借り入れ先があると、

まず受かることはないと言われています。


◇審査についてもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローンの審査が通らない理由とは?審査落ちしてしまう原因を究明!

おまとめに失敗してしまったら⇒対策を練って再チャレンジ!

再チャレンジをするイメージ

 

審査に落ちてしまっても、まだまだ諦める必要はありません。

おまとめローンを扱う金融機関はいくらでも存在するのですから、挫けず次のプランに申し込みましょう。

 

ただし、無策に申し込むのは避けましょう。

ローン契約は申し込みの時点で信用情報機関に記録が残ります。

もし「何機関も審査に申し込んで落ちた」という記録を作ってしまうと、

返済能力や使途を疑われ、それだけで以降の審査で不利になってしまいます。

 

必ず対策を練ってから、次のプランに申し込むようにしましょう。

その対策を以下に紹介していきます。

 

・重要度★★★★★ おまとめする数を減らす

借り入れ先の数は非常にネックになるので、それを減らすのが審査に通るための近道です。

額の少ない借り入れ先を完済したり、契約済みのカードローンで借りて充当したり、

これらの手段をとることで、審査でぐっと有利になるでしょう。

 

・重要度★★★☆☆ 申請額を少なめにする

銀行では「おまとめにも使えるカードローン」として展開していることが多いので、

「申し込みの額=利用者の希望額」です。

必要以上の額を申請していたのであれば、それを減らすだけでも審査に通るかもしれません。

 

・重要度★★☆☆☆ 次の申請まで時間を空ける

前述の通り、「審査に落ちた」と記録はそれだけで不利になるポイントです。

審査落ちの直後に他のローンに申し込むと、

よほどお金に困っていると判断されてしまう可能性があるので、期間を空けるのも有効でしょう。

目安は信用情報機関から申し込み(審査落ち)の記録が消える6ヶ月です。


◇審査についてもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要

どの方法もダメだったら⇒残された最後の手段、債務整理

「最後の手段」を慎重に選ぶイメージ

 

いくら対策をしてもやっぱり審査に通らない! 

という人の場合、最後の手段として、「債務整理」があります。

借金の減額や免除を行い、生活を再スタートするための制度の総称で、

大まかに以下の四つの方法があります。

 

①民事再生

裁判所に返済が困難であることを訴え出て、借金を1/5以下にまで減額してもらうことが出来ます。

 

②任意整理

弁護士などに依頼し、債権者に直接支払額の交渉を行う方法です。

過払い金がある場合は、それを請求することも可能です。

 

③特定調停

裁判所の主導のもと、債権者と返済内容を交渉する制度です。

結果を素早く出せることが特徴ですが、任意整理とは異なり、有利な判決が出るとは限りません。

 

④自己破産

最低限の財産の除き、それ以外の資産を全て債権者に引き渡すことで、借金を免除してもらう制度です。

 

どの方法も借金の整理を行うことができますが、

「ブラックリストに載ってしまう」「特定の職業だと方法に制限がかかる」

などかなりのデメリットもありますので、これらは最後の手段だと考えましょう!

借金一本化の審査対策についてはこちらも参考にして下さい。借金一本化で返済おまとめローン【メリット・デメリットと審査対策】

>




同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン