おまとめローン一本化で申込みブラックになるのは何社から?契約はできないの? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローン一本化で申込みブラックになるのは何社から?契約はできないの?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

カードローンやキャッシングサービス、クレジットカードなどの金融サービスの場合、短期間に幾つもの会社に対して申込みをしてしまうと、所謂「申込みブラック」となってしまい、その後しばらく新規申込みをしたとしても審査を通過できる可能性が非常に低くなってしまいます。

複数のローンを一本にまとめることが出来るおまとめローンも、同じ無担保系ローンであるため、短期間に幾つもの会社に対して申込みをすると「申込みブラック」になってしまうと考えられるわけですが、実情はどうなっているのでしょうか。

おまとめローンの「申込みブラック」について詳しい解説を行っていきたいと思います。

 

おまとめローンにおける申込みブラックのボーダーラインって?

やじるしサーフィン

 

まずはおまとめローンにも申込みブラックというペナルティはあるのかどうかといったことや、そのボーダーライン等について詳しい解説を行っていきます。

 

結論をまず申し上げますと、おまとめローンにも申込みブラックというペナルティは存在しています。

そもそも申込みブラックというのは、短期間に幾つもの会社のローンに申込みをした場合に、その後しばらくローン審査が通過しにくくなってしまうというペナルティのようなものであり、主にキャッシングサービスやカードローン、クレジットカードなどの無担保型のローンサビスにおいて見られる事象となっています。

なぜこのような事象が生じるのかといいますと、各金融機関間で共有している信用情報記録に無担保ローンの申込み履歴が残ることが大きな要因となっています。

短期間に集中的に無担保ローンに申込みをした場合、それは目立つ記録として暫くの間は信用情報に残ることとなります。

一般的に金融機関は、短期間に幾つもの無担保ローンに申込みをしている=お金に困っている人だ=融資をするのは危ない、と考えるため、その後暫くの間はローン契約が難しくなってしまうのです。

 

なお、申込みブラック(金融機関が融資をするのは危ない)と判断する基準については、各金融機関ごとに異なるため、一律に決まったボーダーラインというのがあるわけではありません。

ですが、一般的には、一ヶ月間に3社から4社以上の申込みをした場合には申込みブラックと判断されてしまうケースが多くなっています。

申込み件数が3社の場合にどういう判断がされるのかについては、金融機関によってそれぞれことなっているのですが、銀行のローンなど、一般的に審査が厳しいとされている金融機関の場合は3社でアウトとなるケースが多くなっているようです。

おまとめローンに申込みを行う際には、このボーダーラインを超えないように申込みをするように気をつけたいものですね。


◇おまとめローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 おまとめローン契約が無理なのはどんな場合?契約が難しいケースとは?

申込みブラックになってしまったらもうおまとめローン契約は無理なの?

助けを求める女性

 

申込みブラックにならないようにするためには、一ヶ月間に申込み件数が3社を超えないように申込みをすることが大切になることについては、よくお分かりいただけたかと思います。

ではもしも3社を超える申込みをしてしまった場合、もうおまとめローンの契約はできなくなってしまうのでしょうか。

詳細について解説をしていきます。

 

まず結論を述べますと、申込みブラックになってしまったからといって、もうおまとめローンの契約ができなくなるわけではありません。

短期間に複数のおまとめローンに申込みをした記録については一定期間信用情報に記載されるため、確かに暫くの間は契約が非常に厳しくなりますが、記録は永遠に残るわけではないので、記録が消えた場合には再びおまとめローンの契約がしやすくなるのです。

 

なお、おまとめローンの申込み履歴が信用情報記録として記載される具体的な期間ですが、代表的な信用情報機関3社(JICC・CIC・KSC)ではいずれも6ヶ月間とされています。

従って、申込みブラックとなってしまった場合でも、6ヶ月間期間を置くことで、申込み履歴情報が削除され、再びおまとめローン契約がしやすくなるといえます。

なお、自分自身の信用情報でれば、信用情報機関に問い合わせをすることで情報開示をして貰うことができます。

自分の信用情報やローンの申込み履歴などのついて確認をしておきたい場合には、おまとめローン申込み前に信用情報照会をしてみると良いでしょう。


まとめ

 

申込みブラックとみなす基準については、各金融機関によってまちまちとなっているので、はっきりとした決まりがあるわけではありませんが、一般的には一ヶ月間に3社から4社を超える申込みをした場合には、申込みブラックとみなされることが多くなっています。

従って、おまとめローンに申込みをする場合には、絶対に連続して4社を超える申込みをしないようにすることが肝心だといえるでしょう。

 

なお、もしも短期間に連続して申込みを行い、申込みブラックとなってしまった場合でも絶望する事はありません。

信用情報記録におまとめローンの申込み履歴が記載される期間は6ヶ月間と決まっているので、申込みブラックとなってしまった場合でも、6ヶ月間の冷却期間を置くことで、再び申込みがしやすくなるのです。

借金一本化の詳しい解説はこちらも参考にして下さい。借金一本化で返済おまとめローン【メリット・デメリットと審査対策】






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン