おまとめローン一本化を利用中に再借り入れをしても大丈夫?契約違反になるの? - 借金一本化で返済おまとめローン

おまとめローン一本化を利用中に再借り入れをしても大丈夫?契約違反になるの?

 借金一本化で返済おまとめローン > おまとめローンについてのQ&A

やっぱりお得おすすめカードローン

おまとめローンでお金をまとめた後に、それでもお金が足りず再借り入れをしたくなるケースがあります。

しかし、おまとめローンを行なっている人がさらに別の借り入れをするには、契約違反にはならないのでしょうか?

今回はそんなおまとめローンと再借り入れの関係についてまとめました。

借金一本化の詳しい解説はこちらも参考にして下さい。借金一本化で返済おまとめローン【メリット・デメリットと審査対策】

 

おまとめローン後に再借り入れをすることは可能?

おまとめローン後に再借り入れをすることは可能?

おまとめローンとはそもそも借金の総額が減る商品ではありません。

これはご存知だと思います。返済期間を延ばして月々の返済額を減らし、生活を楽にすることが目的の商品です。

おまとめローンの契約から借入後の流れは、おまとめローンを取り扱っている会社からお金を借りて、それまでの借金を行なっていた会社に返すということになります。

 

実は契約内容によりますが、借金返済後の解約や、新しいキャッシングカードの契約について禁止していない会社が数多くあります。

したがって、このような新たなキャッシングの契約について規制がなければ、新たに借り入れを行なうことは可能です。

 

 

おまとめローン後の借り入れは違反になる?

おまとめローン後の借り入れは違反になる?

おまとめローンを利用した後に新たな借り入れを行なうことは、法律的にも違反にはなりません。

すなわち、契約書にその旨が記載されていなければ、新たな借り入れを行なうことができます。

 

返済済みの会社からでも大丈夫?

おまとめローンを利用したときに、返済したカード会社から、再びお金を借りることはできるのでしょうか?

こちらも契約の内容によりますが、可能なケースがあります。

金融会社の中にはおまとめローンの契約時に、借金の返済後はキャッシングカードの解約を行なうようにしているところがあります。

 

一方でこのような条項を明記していない金融会社もあります。

このような金融会社とおまとめローンを契約した場合は、もともとのキャッシングカードは解約せずに返済をするだけで、そのままキャッシングカードを残しておくことができ、再びお金を借りることもできます。

 

後ほど注意点でも話をしますが、おまとめローン後の再借り入れはおすすめできません。

したがって、キャッシングカードを解約しない場合でも、残しておくカードは1枚にしておきましょう。

複数枚残してお金を借りやすい環境にしておくと、再び借金が増えてしてしまう危険性があります。くれぐれも注意をしてください。

 

 

再借り入れの注意点

再借り入れの注意点

借り入れはおまとめローンの契約状況次第で行えますが、再借り入れを行なう上で注意点があります。

おまとめローンを利用したときに、キャッシングカードを解約した人でも、おまとめローンを遅延なく返済をしていれば、新たな借り入れもできるようになります。

そこで、これから話すことに注意をしてください。

 

借り入れの審査が厳しくなる

おまとめローンの契約を行なうと、個人信用情報に契約をしたことが記載されます。

この情報は5年の間消えないとされています。(おまとめローンを借りた情報は、完済してから5年間は残ります。おまとめローンで借り換えた元の借金は、完済後5年は情報が残りますので、おまとめローンを利用したことが5年間は金融機関で知り得ます)

したがって、しばらくは他の金融機関にもおまとめローンの事実がわかります。

 

そして、予想通りおまとめローンを行なっていると、借り入れの審査は厳しくなります。

おまとめローンは多重債務者が行なうことが多い商品です。つまり、借金を多くして首が回らない状態であった可能性があることになります。

そんな人にお金を貸すと、金融機関ではリスクがあることになりますので、審査が通過しにくいのは容易に想像ができるでしょう。

※多重債務者とは、複数のカードローンや債務を行なっている人です。

 

このことにより、新たな借り入れを行なうのは、まったく借金をしていない人よりも審査が厳しくなります。

 

再借り入れは行なわない方が良い

新たな再借り入れを行なってもそれでも生活が苦しくなったり、返済の目途が立たなくなったりしてしまうことも考えられます。

この場合、すでにおまとめローンを借りているため次に打つ手はありません。

ダメ元で、新たなおまとめローンに申し込みをして、借金をまとめることもできますが、審査に通過する可能性は極めて薄くなります。

 

どうしても、借金を返済できないとなった場合は、自己破産などの債務整理に頼るしかないでしょう。

しかし、債務整理となると自分の財産を失うことになったり、官報に債務整理の情報が載ってしまうので、社会的な地位が落ちたりする可能性もあります。

 

このようなリスクを考えるならば、再借り入れはおすすめできません。

おまとめローンで借金をまとめたのであれば、生活も改めて節約できるところなどをしっかりと洗い出して、無駄な出費を抑えるようにしていくことをおすすめします。

 

 

再借り入れがどうしても必要な場合

再借り入れがどうしても必要な場合

生活を切り詰めても、再借り入れが必要な場合もあるでしょう。急にまとまったお金が必要なケースは、生活をしているとどうしても出てくると思います。

そんなときには借り入れを行なう場合でも、確実に短期間で返せる額を借りることが大事になります。

借入額は早ければ翌月、遅くとも1年以内に返せる額にとどめておきましょう。

 

  返済額月に1万円 返済額月に2万円
半年 約55,000円 約110,000円
一年 約100,000円 約200,000円
収入状況 ある程度継続した収入が必要 特に条件なし

 

おまとめローンの返済と並行しますので、目安として上記のような金額が限界だと考えられます。

本来であれば、冠婚葬祭などの急な出費に耐えられるように、貯金を行うことがおすすめされます。

おまとめローンを行なうことにより、月々の返済がいくらか少なくなります。

 

その分浮いたお金を全て生活費につぎ込むのではなく、3,000円や5,000円など少ない金額からで貯めてみてください。

貯金は習慣づけることで出来る様になります。お金がたまればこのような再借り入れの心配もなくなるのでおすすめです。

 

まとめ

・契約内容によっては、おまとめローン後に借り入れを行なう事もできる

・再借り入れについては、おまとめローンの契約内容に依存している

・再借り入れは審査も厳しくなるため、おすすめではない。

・貯金をすることで再借り入れを防ぐ

 

借り入れ後の生活を楽にするためのおまとめローンです。新たな借金を行ない、生活を再び苦しくしては本末転倒です。

借金の返済で生活が苦しくならないように、おまとめローン後もしっかりとした返済計画と家計の管理を行うようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン