借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要 - 借金一本化で返済おまとめローンランキング】

借金一本化の審査を通りやすいようにするには下準備が必要

 借金一本化で返済おまとめローンランキング > おまとめローンの基礎

借金一本化は複数の借金を、ひとつにまとめるための商品です。

複数の借金を保有しているということは、なかには借金に苦しむ人もおり、その人たちを救済する側面を持っています。

しかし、融資を受けるための審査は厳しいといわれています。

審査に通過しやすくするためのポイントをまとめましたので参考にしてください。

 

借金一本化の審査は通りにくい

おまとめローンの審査は通りにくい

一般的におまとめローンは、その他の個人ローンよりも審査が通りにくいといわれています。

なぜそのようにいわれているのでしょうか。それには、借入件数、借入金額などが関係していると想像できます。

そこで、おまとめローンの審査が通過しにくいといわれている理由を詳しく見ていきましょう。

 

借金をしている人にお金を貸す?

おまとめローンの審査が厳しいといわれている理由を考える前に、自分自身がお金を貸すことを考えてみてください。

そこで、自分自身の前に借金をしていない人と、借金を50万円している人が50万円を借りに来ました。

しかし自分自身は50万円しか持っていません。

50万円しかお金を貸すことができませんが、お金を借りに来たふたりの相違点は、借金をしているかしていないかです。

借金をしている以外の条件が一緒なら、果たしてどちらにお金を貸したら安心でしょうか?

 

答えは簡単だと思います。借金をしていない人にお金を貸した方が安心できるのではないでしょうか。

既に借金をしている人よりも、していない人の方が、貸したお金が返ってくる可能性が高そうですよね。

そこで同じように、借金をひとつの会社から50万円借りている人と、3つの会社から50万円借りている人ならどちらに貸すでしょうか。

どちらに貸すか悩むかもしれませんが、一般的にはひとつの会社から借りている人に貸すことが多いでしょう。

複数の会社から借りているということは、最初に借りたローンではやりくりできなくなるなど、お金に対して少し管理がずさんなイメージが生まれてしまいます。

したがって、おまとめローンを申込する人は、信用度が落ちていることが多いため、審査が必然と厳しくなってしまうのです。

 

借金一本化が審査に通過しにくい理由

おまとめローンが審査に通過しにくい理由

おまとめローンを借りる人の共通点は、当然ながら借金を既にしていることです。

また、複数のカードローンなどで借金をしている人を対象としているのが、おまとめローンとになります。

複数の借金をしている人のなかには、多重債務者もいるでしょう。

(※多重債務者とは、複数のカードローンなどを借りて、月々の返済が大変になり、生活が困窮している人を指します)

 

このことを考えると、先ほど話をしたお金を貸したくない人の条件を満たしています。

一度借金で失敗した人に、お金を貸すのは確かにリスクがあるものです。

したがって、おまとめローンはカードローンや、住宅ローンなどと比べると審査が通りにくい理由となっているのです。


◇おまとめローンをもっと詳しく・おすすめ記事

おすすめ記事 審査に落ちた!おまとめローンに通らない原因と再チャレンジ対策

審査で重要なポイントは個人信用情報

審査で重要なポイントは個人信用情報

おまとめローンの審査を通りやすくするには、どのようにすればよいのか考えていきましょう。

融資の審査で重要なポイントは、個人信用情報にあります。

消費者金融や銀行では信用情報機関を利用して、お金を貸すかどうかの確認をします。

 

このときに利用する情報が個人信用情報です。

個人信用情報には、様々な個人用貸付の情報が蓄積されています。

具体的には、住所や氏名、生年月日、勤務先情報などの個人特有の情報と、いつお金を借りて、今現在幾らの残高があるか、延滞の有無などの情報が登録されています。

この、個人信用情報が、延滞をしたことがない、残高が順調に減っている、などの内容であれば審査に通りやすくなります。

 

 

信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■ご本人を識別するための情報 照会日より
クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
6ヶ月間
■お申込み内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
クレジット情報 ■ご本人を識別するための情報
契約期間中および契約終了後5年以内
加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
■ご契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
■お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
■割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
■貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等
利用記録 ■ご本人を識別するための情報 利用日より
クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
6ヶ月間
■利用した事実に関する情報
利用日、利用目的、利用会社名等

http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

 

返済を延滞しない

個人信用情報の中身をよくするにはどのようにするといいのでしょうか。

まず借金を延滞していないことが大切になります。

もしも、月々の返済を延滞していると、金融会社では「この人はきちんと返してくれなさそうだな」と判断してしまいます。

 

このようにリスクが考えられる顧客には、お金を貸しにくいものです。

したがって、大切なのは月々の返済を延滞しないことです。

もし既に延滞をしてしまった人がいるのであれば、延滞してから半年以上は月々の返済に専念をして、ローンの申し込みをしないことをおすすめします。

なお、延滞後すぐには審査が通過しにくくなりますので、しばらくの間は延滞しない状態を保つことで審査が通りやすくなるでしょう。

 

借入会社を減らす

延滞をしないことがおまとめローンを借りるときの必須条件になってきますが、次に大切になってくるのが借入会社を減らすということです。

なぜ、借入会社が多いと審査に通過しにくくなるのかですが、借金をしている場所が多いということは、それだけお金の管理がずさんだと思われてしまうのです。

したがって、5社以上から借りている人は、それだけで審査が通る確率がかなりさがります。

そこで、おすすめなのが、残高が少ない借金から順番に一括返済をしてしまうことです。

例えばA社から70万円、B社から70万円、C社から10万円借りていたとします。

この場合は金利を気にせずにC社の借金分を、空き枠のある他の会社で借りてしまいましょう。

  金額 利用限度額 金利
A社 70万円 100万円 18.00%
B社 70万円 70万円 18.00%
C社 10万円 30万円 14.5%
合計 150万円 200万円  
   
  金額 利用限度額 金利
A社 80万円 100万円 18.00%
B社 70万円 70万円 18.00%
C社 解  約
合計 150万円 170万円  

 

このようにすることで、返済金額を変えずに借入件数を減らすことができます。

 

申し込み情報に嘘を書かない

ローンを申し込みする上で、最も行なってはいけないことが、申込時に嘘の内容を記入することです。

嘘の内容を記入しても、個人信用情報を金融会社が見ると、すぐにばれてしまいます。

嘘や間違った情報があるということは、お金を貸す上で信頼をなくすことに直結します。

嘘をつくことはもちろんダメですが、申請内容をうっかり間違えることがないように気をつけてください。



銀行系のカードローンがおすすめ

銀行系のカードローンがおすすめ

おまとめローンを申し込むときには消費者金融にするか、銀行系の商品をにするか慎重に選択をしましょう。

消費者金融にしても、銀行系にしてもどちらも、審査の通りやすさはに差はないようです。

したがって、自分自身のニーズに合わせて、借りる商品を選択するようにしましょう。

そこで、おすすめな商品は銀行系のカードローンになります。

全体的に消費者金融のおまとめローンよりも、金利が低くなっている銀行が多いことと、追加の融資を行なってくれる可能性があることがおすすめの理由です。

ただし、契約内容によって人それぞれ利用しやすい商品と、使いにくい商品がありますので。しっかりと金融商品を見比べることが大切です。



まとめ

・おまとめローンは審査が通りにくい

・審査を通りやすくするためには、個人信用情報が大切

・月々の返済を延滞しないことや、借入件数を減らすことで信用情報がよくなる

本来であれば、借金の借り換えなどは余り行ないたくはないですよね。

しかし、生活に困って行き詰まっているのであれば、個人信用情報の内容を改善して、ゆとりある生活が出来るようにおまとめローンを活用しましょう。

そのためにも、おまとめローンを借り換えるには、審査に通過するための前準備が必要です。

事前に審査に通過するかどうか身の回りの確認をして、不安な要素があれば取り除いてからおまとめローンの申込みすることをおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事




おまとめ一本化、借り換えできるおすすめカードローン